Review

MacBook Pro Retina ファーストインプレッション

MacBook Pro

 あー、はい、買ってしまいました。
 もともとApple Online Storeで予約してたんですが4週間かかるとか意味不明の表示がでたので、銀座のApple Storeに突撃したら在庫があるんだとかいうんで即決。散財。
 これでiPhone、iPad、MacのすべてがRetinaディスプレイになって宅内フルRetina化計画完了、と(あとiTVが来たらテレビもRetina化するのかしら)。

 例によって例のごとく適当に思ったことをあれこれ。ちなみに購入したのはローエンドモデルを英語キーボード化したもの。

  1. やっぱりRetinaディスプレイはすばらしい
  2.  iPhone 4Sの326dpiと比べるとMacBook Proは220dpi。Retinaと言っても少し劣るんじゃないかと思ってました。でもそんなことはなく、アイコンや文字は実に精細に表示されてくれます(液晶パネルにギリギリまで近づいて目を凝らすと、もしかするとiPhoneよりは若干粗いかな、という気がしなくもないようなするような、という程度。一般的な距離感で見ているぶんにはまったく気になりませんな)。
     標準では、2880*1800を仮想的に1440*900と取り扱って表示してくれます。仮想的に1920*1200とかにスケーリングも可能ですが、いまのところ必要性を感じるほどではないです(Safariとかなら、普通にフォントサイズを調整すれば綺麗にスケーリングしてくれますものね)。
     文字表示も綺麗ですが、Mission Controlとかでウィンドウを縮小したときや、画像やpdfをサムネイル表示したときにも、Retinaの綺麗さは発揮されます。サムネイル状態のままでもかなりの内容を読み取れたり。自炊書籍なんかも、よりすっきりと表示されるようになりました。

     なお、Retina非対応アプリケーションは悲惨なことになります。時間が解決してくれるとは思いますが、ReederとKindle対応はよ。Safariで表示される画像なんかも、縦横2倍に引き延ばされた状態になるので、かなり残念になる場合もありますが、こちらはまあ我慢できる範囲。

  3. スクロールとかは爆速ではない
  4.  Kelper積んでますが、だからといって画面表示が爆速というわけではありません。ときどき、思い出したようにSafariのスクロールで引っかかりを感じるときがあります、ときどきですが。2880*1800を引っかかりなく処理するのはさすがにGeForce GT 650Mでも荷が重いのか。
     Apertureとかで画像を見る分には、遅いとかそういうことはないので、2880*1800を1440*900に変換するところでの課題かも。

  5. キーボードは浅い
  6.  キーボードの打鍵感は浅めで、正直好みではありません。完全に好みの問題ですが。ワタシは打鍵が強めなので、指先に反発を感じてしまうのです。厚さ18mmの筐体であれだけバッテリを積めば、キーボードに割ける容積は少なくなりますので仕方ないのはよくわかりますが。
     まあ、総じてApple製品のキーボードに多くを求めるのは無理なのが正直なところ。デザイン優先で打鍵感とかは後回しにされている気がします。

  7. 発熱は今のところ気にならず、でもって意外と静か
  8.  これだけパワフルなマシンですので、発熱だけが心配ですが、とりあえず数日利用した感じでは熱いとかそういうことはなさそう。ツインファンが効いているのかどうか。まあ、日本の夏でどうなるかはわかりませんが。
     前任のMacBook Airがよく発熱でえらいことになっていたので、まあそれに比べれば、という感じ。

     上記のとおりツインファン搭載ですが、ファン音がうるさいということはなさそうです。MacBook Airで負荷を掛けると結構な爆音になってましたが、それもなさそう。

  9. MagSafeは前のほうがいい
  10.  電源のMagSafeは、またまた形状が変更になり、初期型のT字型(筐体に垂直に刺さるタイプ)に逆戻りしてしまいました。前のタイプ(筐体に水平に寄り添うタイプ)のほうが絶対にスマートだったのに、なんで戻してしまったんだろ?
     こればかりは解せないところ。

  11. それでこの値段
  12.  5年前のAppleなら初代MBA並に40万円ぐらい吹っ掛けてもおかしくなさそうなスペックですが、ローエンドで18万円台というのは、円高が進んだのかAppleが学習したのか。正直、この値段で出されると他のメーカーは難しいよなあ。

 というわけで、Appleの初物に手を出したにしては、まあ意外なほどにトラブルにはなっていません。ひさびさによい買い物をしました。

武雄市図書館がTSUTAYAになる件

 ゴールデンウィークぐらいなにか更新してもいいだろうということで、微妙な琴線に触れたネタを。なお、先に言っておくと、本稿には結論はありません。

武雄市とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の武雄市立図書館の企画・運営に関する提携基本合意について

 一部の筋の方を、ほげえええ、と唸らせる逸品になっております。ワタシも、近所の公立図書館には非常にお世話になっておりますので、それなりに気になるところではあります。

 図書館を指定管理者制度を使って民間に丸投げするというのは、別に目新しい話ではなくて、その分野のトップである図書館流通センターなんかはこんなにいっぱいやっていたりします。これはこれで地域の知識集積拠点であるべき図書館が画一化されて地域固有のニーズがくみ取れなかったりとか、蔵書が指定管理者側の裁量に委ねられがちとか、地域図書館の専門家たる司書の時給安くね? これでまっとうなリファレンス業務回る? とかいう問題はあったりしますが、どこの自治体も金がないご時世でありますから、まあ仕方ない面もあります。みんな貧乏が悪いんや。
 今回は、このTRCの牙城に、CCCがチャレンジしたという構図になります。TSUTAYAの店舗展開にも限界というモノがありますから、隣接業務に進出しようというのは、これはこれで企業戦略としては、まあ、正しいのでしょう。先行する、というか独走するTRCとの差別化のため、代官山 蔦屋書店のノウハウを生かす、というのも、あるだろうと思います(まあ雑誌販売とかまでする必要あるのかとは思うけど。民業圧迫じゃね?)。

 ただ、ひとつ発表のなかで問題になりそうなのが。

8.Tカード、Tポイントの導入

続きを読む

H24春 情報処理技術者試験(SC)振り返り

 ふと思い立って受けてみた。誰かさんに触発されたというのもあるかも。情報処理技術者試験なんて10年ぶりぐらいかしら。日曜日だというのに朝もはよから夕方まで缶詰にされておりました。まあ、ときどき脳内の知識をリフレッシュするにはこういうイベントでも設けないと怠けてしまいますな。
 受けたのは、職業柄全く無縁ではない情報セキュリティスペシャリスト。ワタシの受けた会場の埋まりは5〜6割ぐらい。

 もう問題も解答もでていますが、とりあえず備忘程度に振り返りを。

続きを読む

LARK Alarm Clock試してみた

 朝が弱いもので、目覚まし時計の収集が趣味みたいなものになっている。別に好きでも何でもないのだが、ビジネスパーソン(笑)としては所定の時刻に出社せねばならず、やむを得ないものと割り切っている。
 目覚まし時計といえば、普通はセットした時間に大音量を鳴らすものと相場が決まっているが、慣れてくると音だけではたいして目が覚めないカラダ。なので、毛色の違ったものを試してみることにした。

LARK | Silent Alarm Clock | Personal Sleep Coach

Silent Alarm Clockという謎の表現が。

続きを読む

iPhone 4S(au)インプレッション(めいたもの)

今更ながらですが、KDDI(au)版のiPhone 4S(Black 64GB)を購入したので、気付いたことをつらつらと。
ちなみに、これまでiPhoneを使ったことはないので、4Sならではの、というポイントは、よくわかりません。ちなみに、以前はDoCoMoでBlackBerryを使ってました。

  1. 電波強い
     これはiPhoneというよりKDDIの問題ですが。
     Softbankの電波状況は常々あれこれ聞いていましたが、使ったことがないので、実効どのくらいかは知りませんが。とりあえずKDDI版は、都内で使っている限り、電波で困ったことがありません。
     予想外だったのが地下鉄線内での電波の粘り強さ。ホームに入線する10秒ぐらい前から1x(いわゆる「○」印)を掴んで、ホーム入線と同時にEV-DO(「3G」印)になるぐらい。ホームから出て行くときも同じくらい。DoCoMo(ただしBlackBerry)だと、ホーム入線から数秒して電波を掴む(場合によっては掴めずに発進することも)あったので、これはうれしいところ。
  2. サイズちょうどいい
     Android端末は、4インチ前後の液晶サイズというのが一般的なようですが、iPhoneの3.5インチというのは、ちょうど片手で操作できなくもない、ギリギリのサイズだと思います。発表前の噂では、iPhone 5は、4インチサイズになるというのもありましたが、ならなくて本当に良かったと思います。
  3. 意外と電池保つ
     どうせ電池は保たないだろうと思ってましたが、朝自宅をでて夜カイシャから戻っても、まだ40%くらい残ってます。そのうち電池がヘタレてくるとは思いますが、これも予想外。とりあえずカイシャに充電器は常備しましたが…
  4. iPod持たなくていい
     当たり前すぎますが… 荷物がひとつ減るのはうれしいことです。
  5. メールとか気付かない
     着信ランプとかそういうのがないので、着信音を聞き逃すと、着信があったことにしばらく気付きません。Notification Centerは便利ですが、これはいつまでたっても改善しない気なんだろうか。
  6. 「電話しながらパケット通信できない」は今のところ気にならない
     CDMA2000の弱点ということになっているのですが、今のところ、まったくその弱点を認識することはありません。電話しているときにiPhoneを耳から離して何かするということが’ないもので(Bluetoothヘッドセットでもしてれば別なんでしょうが)。
  7. GmailのPushが遅い(気がする)
     Exchangeアカウントとして設定しているGmailの反応が少し遅い気がします。こればかりは、当方の設定のせいで、iPhoneのせいではないと思いますが、BlackBerryと比べるとどうしても…

アプリとかは、まだほとんど入ってないので、ポテンシャルを発揮できてるとはいえないですが、まあ、総合的にはきわめて満足です。日本語のフリック入力にはまだ慣れてないですが、一週間前よりは慣れてきた気がするので、そのうちスピードも向上するでしょう(と思いたい)。

Mac OS X Lionをインストールしてみた

 Mac OS X Lionを手元のMacBook Air (Late 2010)にインストールして気づいた点について備忘録的に。

・iTunesがiPod classicと同期してくれない(どころかハングアップする)
 iTunesがやっとのことでCocoa化されたことは喜ばしいのですが、iPodと同期してくれないのは困ります。同期してくれないだけならまだ当面我慢もできますが、そのままハングアップしてしまうのはどういうことだ。
 Support Communityを覗いたら、iTunesHeplerがおかしいだの何だのとあったので、普通にiTunesだけを再インストールしてみると、なんとなくうまくいっている模様(ただ、トラブルの過程でiPod側が破壊されてしまったので、復元して再度ライブラリを同期するという苦行の最中ですが)。
 Ejectしたときも、デスクトップ上にはiPodが亡霊のようにマウントされたままで、その後再接続しても反応しません。
 /Volumes/ls -alF すると固まって帰ってこないので、マウント周りでかなりどでかいバグがありそう。

・ATOK2009がサポート外になってしまった
 命の次に大事なATOK様が動作しないのはどうしようもありません。これは素直にお布施を払って ATOK2011に上げるしかありません(ATOK2009も悪さはしていないような気がするものの、何があるかわからないので)。
 ワタシの環境では、とりあえず動作しなくなったソフトは、これだけでした。

・トラックパッドのスクロール方向は「自然じゃない方」に。
 今回もっとも極悪な改訂と思われるトラックパッドの二本指スクロールの向きを「自然じゃない方」に、即座に変更。
 このUIはないわー。
 カイシャではWindows 7、自宅ではMac OS X Lionなので、家とカイシャでスクロールの向きが違ったら頭が爆発します。

・Mission ControlとLaunchPadは、トラックパッドに最適化されすぎ
 今回のUIの目玉かもしれないMission Controlですが、操作ルール(アプリ内の移動は2本指、アプリ間の移動は3本指)をしっかり覚えたうえでトラックパッドで操作するぶんには問題ないのですが、マウスやキーボードで操作しているときには、直感的でない感じがします。とくに、Dashboardからデスクトップに復帰するところなどは、トラックパッドであれば3本指スワイプですが、マウスだと、右下の矢印をクリックするしかありません。気づかないって。

・新しいスクロールバーは、基本的にはいいけれど
 iPhone風の新しいスクロールバーですが、オサレな感じで、基本的にはいいのですけれど、ひとつだけ困ったのが、Dashcodeでソースコードを書いているとき。いまファイルの上部なのか下部なのかが、一目ではわからずに困りました。
 このUI、文書を読むときには、邪魔にならないのでいいかもしれませんけど、文書を書く(とくに推敲する)のには、ちょっと向いてないかもしれません。

・スリープからの復帰に難あり
 スリープから復帰したときに、ふつうは無線LANの接続も復帰しますが、いっけん復帰したように表示されているのに、コネクションは切れているままになっています(手動で再接続すればつながる)。たぶん、ただのバグなので、10.7.1で解消すると期待。

 基本的には、穏当な進化だとは思うのですが、iPodまわりとかは、もう少しなんとかならんものかと。

MacBook Airインプレッション

 Sandy BridgeなMacBook Proが目前だというのに買ってしまった。後悔はしていない。

 ワタシの日常スタイルからすると、たぶん、そんなに持ち歩くことはないと思ってはいるので、素直に考えればSandy Bridgeを待ったほうがよかったのですが、なんというか、モノとしての質感というか、極限まで不要なモノを削ぎ落とした感がたまりません。たぶん、これ以上薄くすると、もう、ノートコンピュータではありませんね。

 購入したのは13.3インチ上位モデルをBTOでCPU/Memory増し。どうあがいても後付けで増設できないので、とにかく最強スペックでいくしかありません。

 3か月前の機種なので、とうにあちこちでレビューはされているものと思いますが、やっぱりSSDが爆速なのがすばらしいです。CPUパワーは、前に持っていたMacBook(今日ドナドナされていきました)より300MHzほど落ちているはずなのだけど、アプリケーションの動作は圧倒的にこちらが上。とくにOffice2011の起動が Windows版とあまり変わらないスピードなのが驚きです(まえは平気で20秒ぐらい待たされていたような気が。まあ、それだけOfficeのディスクアクセスが激しすぎるだけなのだろうけど)。
 CPUをぶん回すような使い方は、もともとしていなかったので、これでいいのかもしれません。

 あと、液晶の解像度が13.3インチなのに1440×900というのがいいですね。ドット数は、1280*800の1.26倍だけですが、それだけ高精細になるわけで、ちいさい文字とかでもくっきりしています。

 薄さのせいか、キーボードのタッチは、ちょっと奥行きが浅いような気がしますが、まあ許容範囲でしょうか。サイズ的には問題ないと思います(13.3インチですから当たり前ですが)。ワタシの打鍵スタイルは、かなり強めにたたきつける感じですが、ヘタることはありません。この剛性は想定外。

 気になるのは爆速SSDの書き込み耐久性ですが、まあ、数年は保ってくれればOKというふうに思うしかありません。とりあえず、デカいデータは外に逃がすことにしました。

 ちょっと想定外なのが、Boot CampでWindows XPがインストールできないところ(Windows 7しかサポートされてません)。これは参りましたが、とりあえず、当面はParallelsにインストールしたWindows XPで凌ぐことにしましょう。EU3とか、マトモに動くのかちょっと不安。

Bloglines終了のお知らせ

Bloglines Update (blog.ask.com)

 というわけで、日本ではどうもニュースになっていないようですが、Bloglinesの運営が終了するようです。はじめて使った RSSリーダは、たしかにBloglinesで、2007年ぐらいに、新インターフェイスへの移行をしようとしたときに、どうも馴染めなくて離れていったような記憶があります。そういえば昔、京ぽん(懐かしい)で読んでいたのを思い出しました(今は、BlackBerryでGoogle Readerを読んでいたりしますが)。たぶん3年ぶりぐらいにログオンしてみましたが、あまりインターフェイスは変わっていないようですね。

 ask.comの敗戦の弁ですが、かなり率直なものになっています。たしかに、新しい情報を得るときに、それがTwitter経由であったりすることの方が多くなってきているような気がします。Twitterにのめりこんでブログを放置している人間もいたりしますね(ワタシか)。

The real-time information RSS was so astute at delivering (primarily, blog feeds) is now gained through conversations, and consuming this information has become a social experience. As Steve Gillmor pointed out in TechCrunch last year , being locked in an RSS reader makes less and less sense to people as Twitter and Facebook dominate real-time information flow. Today RSS is the enabling technology – the infrastructure, the delivery system. RSS is a means to an end, not a consumer experience in and of itself. As a result, RSS aggregator usage has slowed significantly, and Bloglines isn’t the only service to feel the impact.. The writing is on the wall.

 ただ、Twitterのような単一の空間に参加者が集中してくると、いずれ熱的死を迎えるんじゃないかという予感もしてきたりするので、aggregateする対象が生身のRSSじゃなくても、aggregatorというのは死んではいないような気がするのです(もしかするとHootsuiteとかSeesmicとかがその萌芽なのかもしれないけれど)。

(追記:そういえば、Bloglinesが終了することを知ったのもTwitterだった。あまりにも自然すぎて忘れてた)

BlackBerryのアプリ

 BlackBerryには、BlackBerry App Worldという、iTunes App Storeのような公式のアプリ配信の仕組みが一応ありますが、ドコモの陰謀により、なぜか有償のアプリが購入できません(ザッツ殿様商売)。ドコモが用意したサイトには、担当者がいないのだろうと思うぐらいに、事実上何もありません。よって、crackberryという、非公式のアプリ販売サイトがありますので、勢い、そちらから購入することになりますが…

We apologize for a delay in processing of your order. We regularly check orders to avoid fraudulent transactions, to protect our customers and our suppliers.

 なぜかクレジットカードの認証が通らなかったりします。国際テロリストの一味か何かと思われたんでしょうか。

 手持ちのクレジットカードを何枚か試してみたりもしましたが、どれもこれも同じ結果になってしまいます(JCBに至っては、ハナから受け付けてくれませんでした。一応、選択肢にはあるのですが)。仕方がないのでメールでクレームをつけて、こっちの電話番号も伝えて、文句があるなら国際電話掛けてこい、という横柄なスタンスで立ち向かってみると、何とかなるようです。以上、似たような方がいるかもしれないということで、チラシの裏の覚書でした。たかだか3ドルのアプリなんだから素直に通してくれればいいのに。