tohoku

東北で地震

 寝ようとベッドに入ったところでいきなり揺れはじめて、それ以来眠れなくて困る。
 とりあえず福島第一、福島第二、女川、東通とも何もなさそうなのでこういう不安はなさげ。
 …テレビ各社ともニュース速報を送るなか、相変わらずテレビ東京は通販番組なんですが。

 そういえば、今回はエリアメールが流れなかったな。あれって震度いくつぐらいが基準なんだろう。

マイルチャンピオンシップ・京都・北陸(2)

 週末の動きを以下時系列にて。

20日(土)
13:50 起床。14:00羽田発の飛行機は当然間に合わない。無念。
14:30 荷物を準備して出発。着替えが一部足りないものの、京都で買えばいいやと見切り発車。
15:30 新横浜駅。新幹線の切符を押さえる。意外と空いていて指定席を押さえることに成功。さすがに空腹なので駅で立ち食い蕎麦を食す。
17:50 京都駅。さっそく駅近くのホテルにチェックイン。
18:10 京都駅からバスに乗る。この日の京都は高台寺の夜間拝観が始まったせいで、五条近辺が異常に混雑しているので早めに出発する。目的地は八坂神社下。
19:00 まだバス。ようやく東山七条に到着。1時間かけて烏丸七条→東山七条までしか進んでいない。精神状態は非常によろしくない。
19:15 バスをあきらめて京阪電車に乗り換える。改札を通ると同時に特急が滑り込んでくる。首都圏に住んでいるのにスルッとKANSAIの手持ちがあるという不思議。
19:25 京阪電車四条駅。東に歩き始める。さすがに人手が多い。
19:40 目的地に到着。既に宴はたけなわ。すき焼きのようなのだが、すでに肉類は全滅状態。ビールをコップ5杯ほど。5000円返せ。
22:00 二次会。ビールをグラスで数杯。
23:00 三次会。この辺から時間の記載は適当なので当てにしないように。ビールをジョッキで数杯。学生時代からのいつもの店なので手加減がない(店も客も)。
26:30 四次会。ウィスキーを1杯(だったと思う)。いくら払ったか覚えていない。
27:00 某嬢の携帯に電話。と、通話記録が残っている。
27:10 ローソンでお茶を買う。と、レシートが残っている。
27:30 タクシーでホテル着。そのまま崩れるように眠った(と思う)。

21日(日)
10:30 起床。ホテルの朝食時間は既に過ぎている。
11:00 チェックアウト。
11:15 八条口のユニクロで必要な衣類を購入。
11:20 荷物をコインロッカーに預けるべく京都駅構内を歩き回る。どこも空いていない。
11:40 七条側に回ってコインロッカーを探してもやっぱりない。
12:00 ホテルに戻ってフロントに預かってもらう。ホテルは駅からちょっと遠いので、できればコインロッカーにしたかったのだけど、背に腹は代えられない。
12:26 近鉄電車京都駅。急行に乗って丹波橋まで。目的地は京都競馬場。
12:44 京阪電車丹波橋駅。準急に乗って淀まで。LOOXを起動。ワタシにはギャンブル的直感というものが全くないので… データ分析するにはPCがないとやってられません。後ろのオッサンが液晶をのぞき込んでいるが気にしない。
12:51 京阪電車淀駅。改札を降りる前にスポーツ新聞を購入。マイルチャンピオンシップはラクティ本命などと当てにならないことを書いている。H嬢、K氏と合流。
13:05 京都競馬場に入場。
13:30 空席を探せど見つからないのであきらめて階段に座り込む。コートが汚れるがそんなことを気にしていては勝負にならない。
13:50 京都競馬場第8レース。馬連3頭BOX。1着、3着、4着で決着して紐抜け。-2000円。ワイドでも19.9倍だったことを考えると、これは予想に勝って馬券に負けたというやつ。
14:10 朝から何も食べてないので場内の売店で肉まんを購入。味は覚えていない。
14:25 京都競馬場第9レース。馬連5頭BOXというひ弱な馬券。▲-◎で決着して的中。+3410円。これで今日は胸を張って帰れる。1着で入線したアルビレオ、1600万下からこのレースにやってきた馬のなかでは一番前走の結果が良かったので、滅茶苦茶難しいという馬券ではなかったが… K氏も拾ったようで何より、と思ったら+160円だと。
15:00 京都競馬場第10レース。馬連3頭BOX。1着、3着、5着で決着して全滅。次のレースに残すべく金額は控えめだったので-1000円。やっぱりこれもワイドで買っておけば、と思ったが1.6倍しかついていない。前半遅目のレース展開だったために最後の直線はえらく厳しい追い込みになったので、どうなってもわからないようなレース。隣では3連敗のH嬢がふくれている。
15:10 次のメインレースのパドック。個人的に前日予想で本命にしておいたダンスインザムードを見に行く。いつも落ち着きのなさが原因で負けることがあるので、そこだけ不安だったのだけど、わりあい落ち着いていたので安心。はるばる英国からやってきたラクティは、思ったほど強そうではない。
15:30 京都競馬場第11レースの馬券。デュランダル-ダンスインザムードを軸に3連複を買いあさる。投資額6900円。連れの某氏は武豊で流したりしている。H嬢はワタシと同じ軸の馬連1点買い。あとよく理由が分からない馬券を200円。こっちより気合いの入った買い方だと思ったら、単に新聞の馬印が付いていた順とのこと。
15:40 G1ファンファーレ。何時聞いてもいい。出走。
15:48 結果。デュランダル-ダンスインザムード-テレグノシスで決着。H嬢は喜んでいるがワタシは3着を外して全滅。前3レースと同じに馬連にしておけば気持ちよく帰れたものを… 3連複は怖い。今日の利益がすべて吹っ飛んだ。本日の収支は-6490円(回収率47.4パーセント)。
16:20 すっからかんになったオッサンでごった返す京阪電車淀駅。やっぱり今日の敗因は予想を馬券に置き換える部分でのミスがあまりにも多すぎること、ということで、3連複禁止令を発動。年内は頑なに馬連だけを購入するようにするつもり。
16:50 連れと別れて近鉄丹波橋駅。隣の席の青年2名が「ブリサイスマシーンが…」などと反省会をしている。ワタシだって「あのテレグノシスはないだろー」と大声で泣き叫びたい。ここで死んだ子の歳を数えるように自分の購入した馬券の合成オッズを確認する。残り少なくなったLOOXのバッテリを振り絞って確認したら、なんてこった、馬連1点買い(10.5倍)と、自分の3連複(軸2頭の紐5頭で25点の合成オッズ3.49倍)とのオッズ差を考えると、あの時点で3連複を選択する合理性はあまりなかったことになる。7、15の2頭を含む3連複に絞ったところで合成7.67倍。予想は7-15の1、2着で決着なのだから、これは絶対に買ってはいけない馬券の典型(馬連か、逆に3連単に持っていかなくてはいけない)。まさに「予想に勝って馬券で間違う」の典型例。あー、泣きたい。
17:30 京都駅着。荷物をホテルまで取りに帰ってから雷鳥35号で石川へ。自由席だったが運良く座ることができる。さすがに疲れたので爆睡。
19:44 粟津駅到着。旅館の方に迎えにきてもらう。10分ほど車で走って旅館着。男6名湯治の旅。すでに残りのメンバーは到着して温泉上がり。
20:10 旅館で食事。競馬のことは情けなくて泣きそうになっているので、聞かれても適当に誤魔化す。しばし蟹と格闘。
21:00 温泉。競馬場で埃にまみれた体を流す。思い出すのはメインレースのことばかり。あー。
22:00 部屋でビール。たらたらと流れていく時間。
23:00 いつのまにかトランプが出てきて大富豪がはじまっている。どういうわけか富豪と貧民を行き来してばっかり。所詮ワタシは小市民だ。ビールもなくなり、誰も何も飲んではいないが、ワタシだけ焼酎を茶碗で飲んでいる。
24:30 就寝。

22日(月)
8:00 起床。今日は年次休暇を取得済み。
8:30 朝食。まあまあ。
9:00 近所を散策。我々が宿泊していたところよりも余程造りのいい旅館の土産物屋に。ひなびた温泉にもかかわらず、ロビーにはDELLのデスクトップが鎮座していて自由にお使いくださいとある。注意書きには「ファイル交換ソフト(WinMX、Winny)のご使用はお控えください」などとあるのが妙に場違い。我々の止まったところよりも3000円も安いのがショック。よくよく見たら、今月オープンしたらしい。
9:30 S氏の自動車で関西へむけて出発。1名を小松空港に送り届ける。
12:30 賤ヶ岳SAで昼食。ビールが飲みたかったが、さすがに置いていない。
15:10 大阪空港着。
17:15 羽田空港着。電車で自宅へ。

…とまあ、こんな感じです(果たしてここまで読んだひとはいるのだろうか…)。