sdk

iPhoneにロックインされたものかどうか

iPhone SDK 4.0が登場したはいいのですが、例によって例のごとく、Appleから尊師のお言葉(訳:例のアレな態度)を賜っております。在家信者としてはどうしてもひとこと言わざるを得ず。

 以下は、iPhone SDKの一部分。今回4.0の登場にともなって追加されたようです(全文が見たかったのだけど、ワタシには見つけられず)。

3.3.1 — Applications may only use Documented APIs in the manner prescribed by Apple and must not use or call any private APIs. Applications must be originally written in Objective-C, C, C++, or JavaScript as executed by the iPhone OS WebKit engine, and only code written in C, C++, and Objective-C may compile and directly link against the Documented APIs (e.g., Applications that link to Documented APIs through an intermediary translation or compatibility layer or tool are prohibited).
(抄訳)アプリケーションは、あらかじめAppleが指定したAPIだけを使わなくてはならず、プライベートAPIは使えない。アプリケーションは、Objective-C,C,C++か、WebKit上のJavascriptのいずれかで記述される必要があり、Objective-C,C,C++のコードはAppleが指定したAPIと「直接」リンクしなければならない(つまり、中間層やツールを経由したAPIとのリンクは禁止)。

 要するにミドルウェア層の排除を謳っているわけで、事実上Xcode直書き以外使うな、と言っているような状態になっています。
 端的にはAdobe CS5での「Packager for iPhone」機能潰しな訳ですが、たとえばUnity iPhoneのようなゲーム向けミドルウェアも該当するんじゃないかと思います。Unityにしても、突然のことで、せっかくよかれと思って行った投資がパアですね。Adobeはまあ、ある程度予想していたかもしれませんが。
 こういうことが続くと、どうしてもプラットフォームというものに対する投資は、ちょっと抑制的にならざるを得なくなるので、中長期的にはiPhoneのエコシステムの拡大抑制というものに繋がっていくように思います。チャイナリスクみたいなもんでね。

 Microsoft Windowsがシェアを伸ばして、その一方でMac OSが危機的な状況に陥っていったのは、90年代後半で、まだ15年と経過していないわけですが、もしかするとその再演がなされるのではないかという、かすかな危惧を抱いていたりするのです。あの失敗からJobsが学んでいればいいのですが、どうやら微妙な感じがしてきたので、やっぱりXperia買おうかなあ(いちユーザだって、やっぱりそのプラットフォームに賭けることには違いないので)。

iPhone 2.0

Apple,iPhone 2.0 Softwareの正式版を6月に。iPhone版「Spore」も披露 (4gamer.net)

 というわけで、以前から待望されていましたiPhone SDKが(ベータ版とはいえ)登場しました。iPhone登場以前は「ユーザアプリはWeb2.0標準で」とか言っていたのに、SDK公開に方針転換してから比較的短期間でXcodeと統合した開発した開発環境とかApp Storeとかを用意してきたのはさすが。とはいえ、App Storeでのシェアウェア配信に30%のマージンをとるというのはどうかと思うけれど、ホスティング+決済手数料と考えるとそれほどでもないのかな。あとは、App Storeへの登録にどれほどの手間を要するかでしょう。KDDIのBREW並に時間を要するとなるとさすがに個人開発者には耐えられないのでは。

 Exchange Serverと接続できるというのも(北米的には)大ニュースでしょうが、わざわざ4gamer.netのリンクを引っ張ってきたのは、ゲーム業界の参入がみられそうというところから。pippin@の雪辱なるか?

 なんにせよ、とりあえず、どこのキャリアでもいいから、はやく日本でも発売してください…