privacy

はてな(2)

 はてなのプライバシーポリシー、改訂するみたいですね。

 問題の元凶は、住所等登録義務化の必然性があんまり感じられないにもかかわらず、それを強行しようとしており、かつ当該住所等の個人情報の保護に関するプライバシーポリシーが揺らいだまま、というところでしょう。

 はてながいうには、住所等を登録するのは、著作権侵害事件等に対し、はてなが何らかの責任を追及されかねないからであり、住所登録がないと

この問題については、現在もはてな内外で様々な議論が行われていますが、インターネット上の問題に詳しい法律専門家の間でも意見が分かれており、過去の判例などからも「可能性がない」とは言い切れないと認識しております。

ということなのだが、微妙な表現ですねぇ…

たぶん、ファイルローグ事件判決(東京地裁平成15年1月29日中間判決)あたりを念頭に置いているのだろうとは思うのだけど、ここから直ちに住所登録がないと、はてなに対して何らかの責任追及が発生するとは思えません。落合弁護士の言うとおり、

私は、ファイルローグ事件で問題となった日本MMOの立場と、「はてな」の立場(特にブログに関して)は、明白に一線を引くことができるし、また、引く必要があると考えています。日本MMOは、東京地方裁判所により発信者と認定されており、もちろん、これについてはいろいろな議論があると思いますが、やはり、発信者と認定されるだけの特殊な事情があったと言うべきでしょう。そのことは、既に指摘したとおりです。

といったところでしょう。判例批評をするほどワタシは偉くないですが(笑)

 ついでにいうと、小倉弁護士のblog(ノーティス・アンド・テイクダウン手続と責任回避)では

むしろ、オンライン上でしか利用者と接しない情報通信事業者がいかにして利用者の氏名・住所等を確実に把握するか、もっと端的に言うならば、どの程度の確実性を実現するかということが問題なのであって、情報通信事業者は利用者の氏名・住所等の個人情報を把握すべきではなく、できる限り匿名性を保障すべきであるというのは、本筋としてはおかしいのではないかと思います。

とありますが(まあ、小倉弁護士の場合は、ファイルローグ事件の弁護人であるから…)、今回の場合、そもそもはてなが「利用者の氏名・住所等の個人情報を把握」する必要性が感じられないのです。だって、はてな自身が、

権利侵害行為に対して一企業として適切な対応を行い、末永くサービスを提供し続けるためには、個人を特定するのに最低限必要な氏名・住所をご登録頂き、「ユーザーの皆さんがどなたなのか」をより正確に把握しなくてはならないと判断しました。

と、違法行為への対応での必要性「のみ」を理由に掲げているわけで、その必要性がファイルローグ事件判決から導き出されるものだとすると、落合弁護士のいう「発信者と認定されるだけの特殊な事情」が、はてなに存在していない以上(と、ワタシは考えています。もっとも、小倉弁護士はこの論の立て方自体を争っているわけだが…)、じゃあ何のために情報収集をしているんだろう? という至極当然の疑問が発生してくるわけです。「匿名性を保障すべき」って、今回の場合、そもそも保障する必要はないけれど、利用者がサービスを享受するにあたって必要でない個人情報を、はてなに開示する理由がなくなってしまうわけです。しかも、プライバシーポリシー自体は相変わらず揺らいだ状態で。

はてな

 はてな住所登録ちょっとした問題になっているようで、渦中のプライバシーポリシーをダウンロードしてみると、確かに、こらあかんわ。

 暇があれば逐条的にツッコミを掛けたいところだけど、さすがにこの時間にその暇はないので、週末の楽しみにでも取っておくとしても、あの会社、自分たちがどれだけ大きなものを取り扱ってるかの認識がないんとちゃうか?
 昔からちょっと怪しげな気はしていたので、自分としては利用しないようにしていたのだけど、なんつうか、やっぱりそうだったか、という感じ(印象批判で申し訳ないが)。

ソフトバンクの叫び声(2)

 結局ソフトバンクさんはこんな感じのパブリックコメントを提出してきましたとさ。

 ぜんぶ反論していくと夜が明けてしまうので控えておきますが、一つだけ言うと、今回の周波数再編の目的を(意図的にかどうかはともかく)ハズしたコメントである、ということですね。携帯電話に使える周波数帯を広く取ろう、という目的の周波数再編(事実、800MHz帯だった航空機関連の通信は他の周波数帯に追い出される)なのに、そこに「オレを割り込ませろ」ていうんだから、ねえ(ちなみに、今回の再編でDoCoMoもAUも、従来53MHzだった割り当てを30MHzに減らされているわけで)。

ソフトバンクの叫び声

「総務省に意見を」ソフトバンク、ユーザーに異例の呼びかけ

 …なんだそうで。これって、なんか個人情報の目的外使用とかに抵触したりしないんだろうか。と思って確認してみると。


電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン
第4条 電気通信事業者が収集した個人情報の利用又は提供は、収集目的の達成に必要な範囲に限るものとする。

 てな郵政省告示が平成10年にきちんと出ておりますね。

 ソフトバンクがYahooBBユーザに送付したメールを要約すると(全文はslashdot.jpにあった)、

・日本の携帯電話料金は世界一高い
・日本のブロードバンド料金は自分たちが参入したので安くなった
・携帯電話業界にも自分たちのような新規事業者が参入すれば安くなる
・でも、総務省が電波を割り当ててくれない
・現在、総務省が電波割り当て案に対するコメントを募集している
・「私(注:孫正義)は皆様に、今回の総務省案に対するパブリックコメント募集に是非ご意見を出していただきたいと考えています。」(原文の引用)

 という感じなので、このメールを送信することが個人情報の利用(もちろんメールアドレスも個人情報)として「収集目的の達成に必要な範囲」なのかどうか、というのは非常に疑問なところ。
 法は横に置くとしても、自分のところのユーザのメールアドレスを「すべて」知っているのは事業者自身だけ、だから、こういうかたちで一私企業の意見の表明を行うこと自体が不公正といえば不公正だし(NTT東西から「NTT統合にご理解を」なんて電話が掛かってきたら迷惑で仕方がないったら)。

 ちなみに、このメール全文を読んでて面白かったのは、どういう「ご意見」を出してほしいか、については一切触れていないところ。反対意見を、とも賛成意見をとも言ってない。広報や法務は優秀なソフトバンクさんでございますから、そのへんは意図的にこういう書き方にしたんでしょう。やっぱり扇動と取られるのが怖かったのね>ソフトバンク。

 …しかし、ソフトバンクが携帯電話事業に参入して何の得があるんだろう。移動体通信ってのは膨大な設備投資が必要な事業なのに(DoCoMoがFOMA整えるのにに1兆円とか言っておりましたな)。駅前で携帯電話配ったって、ADSLみたいに普及するとはとても思えないのだけど(すでに普及しているし、まさか基地局を配るのか?)、何処に成算があるのだろう。わからん。