mini

Mac mini 2009

アップル – Mac mini (apple.com)

 Apple Storeがcome back soonになってたと思ったら新型Mac mini/iMac/Mac Proがひっそりと登場してます。といっても、上記の日本語サイトは3/3 23:20現在、まだ新型にあわせた更新がされてません(いつも思うのだが、アップルジャパンはせめて自社サイトぐらいUSと同時に更新できないものか)。

 一部RumorサイトであがってたUSBx5タイプがどうやら正解だったみたいです。それ以外は時間の経過にともなう順当なスペックの向上に過ぎません。エントリーモデルでも(Intel統合チップではなく)GeForce 9400Mを積んできているのは、やはりSnow LeopardでのOpenCLがターゲットに入ってきてるからでしょうか。

 それはそうと、599USDのモデルが69,800JPY、799USDのモデルが89,800JPYって、やっぱりクパチーノ方面では1ドル110〜115円前後という相場がいまだに通用しているようです。いくらなんでもそろそろ為替レートの見直ししてください>アップルジャパン。それとも機を見て値下げするつもりなのか。

 まったく注目されなさそうな感じですが、iMacの20インチモデルが、かつて17インチモデルを切り捨てたときのような扱いになってて、次のモデルチェンジあたりで24インチモデルに集約されそうな勢いなんですが。ますます日本で売れなくなりそうなiMac、かわいそうに。
Continue reading

海鮮丼

 地の果ての実家におります。AirMac Expressを持って帰ったので、自宅中がホットスポット状態でInspiron miniが大活躍しております。Extremeにしなくて正解だったぜ。
 昼間から魚たっぷりの海鮮丼を食して幸せ気分満開。やっぱり魚は田舎の方が美味いです。

 食後は、年末の楽しみにとっておいたまねきTVの知財高裁判決(なぜかMicrosoft Word)を読んでまたり。控訴人(テレビ局)の主張はなかなかアグレッシブで一瞬目を引かれたけれど、やはり著作権法の趣旨からして判示の結論のほうが穏当な気がします(公衆送信概念の説明が丁寧になされているのがほほえましい)。

 …とりとめのないエントリですんません。

BBモバイルポイントで

 だんだんInspiron miniロードテスト状態になってきたこのblogですが。

 せっかくInspiron miniを飼ったので、ためしにBBモバイルポイントから更新してみる。とりあえず速度的には自宅で無線LAN使っているのと大差ないような気がする(うちのネットワークが遅いだけなのかもしれないが)。Google Readerをオンラインで読んでも、さほど気になりません。
 Inspiron miniのバッテリーも、ずっと無線LANをオンにしっぱなしにしているのだけど、意外と粘るので、週末なんかにはこれだけ持ってどこかのアクセスポイントに籠もったりしてもいいかも。

 コーヒーショップの狭いテーブルでノートPCを広げる場合、MacBook Airみたいに、どれだけ薄いノートでも、結局フットプリントが大きいと邪魔になって仕方がないのですけど、これぐらいなら周囲の迷惑にもならずに、コーヒーカップが邪魔にもならずに、気兼ねなく利用できます(ああ小心者)。

 あと、ファンレスなのは意外とポイント高いですな。ファンが付いていると、音がするのはともかくとして、通気口からの廃熱が手元に当たったりして嫌な感じになってしまうので。

 と、いうわけで、DELL製にもかかわらず、意外と満足度が高いInspiron miniなのでした(ハードウェアは、ね)。

Inspiron mini 9 秋の新色

デル、「Inspiron Mini 9」のBTOに新色/32GB SSD/Officeを追加 (pc.watch.impress.co.jp)

 デザインも、DELLというハンディキャップ(笑)を差し引けば、及第点のレベルかと思います。発表当時には天板が赤いモデルもあったような気がするけど、あれは登場しないのかな。

 …あっさりと登場しました。しかもSSDが32GBになってるし。
 別に手元のInspiron miniの性能が落ちるわけでもないのに、やってしまった感が漂うのはどうしてなんでしょう。

Inspiron Mini 9

 つい買ってしまった。後悔はしていない。

 Inspiron Mini 9が値下げしたと聞いて、ヨドバシゴールドポイントカードを握り締めて駆けつけた5分後には手元にありました。なんともな。SSD 16GBモデルでもポイント大量投入でなんとか買える範囲になりました。例のemobileなやつはパス。来年にはWiMaxの商用サービスが開始されているかもしれないのでHSDPAモデムを2年拘束なんか買ってられないっす。

 とりあえずベッドに寝転がって初期設定とかしながら、適当にあれこれ打っているのがこのエントリな訳ですが、まあ、よく批判されるキーボードも、打鍵スピードを抑えながら気をつけて操作するぶんには、なんとか許容範囲内な感じです。そりゃま、デスクトップ用のキーボードに比べれば不愉快極まりないですが、このサイズで持ち歩くなら、こうなるのも妥協の範囲内というところか。
 デザインも、DELLというハンディキャップ(笑)を差し引けば、及第点のレベルかと思います。発表当時には天板が赤いモデルもあったような気がするけど、あれは登場しないのかな。
 気になっていたAtomプロセッサの処理能力ですが、やっぱりタブブラウザ(Sleipnir)で大量にタブを開くと、操作がワンテンポ遅れた感じになります。Firefoxは、起動時さえしのげば何とかなりますので、当面はそっちを使うことにしました。もっとも、どっちかというとSSDのスピード不足なんかのせいかもしれませんが。Google Readerとかで大量にタブを開くと、えらいことになります。
 全体的に、Eee PCみたいな、いかにも安物という感じではなく、ファンレスという点も相俟って、文房具的な感触があるので(燦然と輝くDELLのロゴ以外は)、個人的にはいい買い物をしたものだと思っています。

 ひさびさにWindows機を購入したような気がしますが、外出先とかでメールを読んだり書いたりとかするぶんには、OSが何だろうが、あんまり関係のないところ、と結論づけるつもりだったのですが、やっぱり細かなところの操作感が気になって仕方ありません。そう、どれもこれも、JobsがMacBook Nanoを出さないのがいけないのです(まあ、AtomじゃあMac OS Xを支えきれないのは目に見えているけど)。

mini(2)

 あいかわらず今日もMac miniと戯れる。

 とりあえずあれこれインストールして、それなりに環境が固まってきた。常用することになりそうなアプリケーションはこんな感じ。

 …なんか、何のネタにもならなそうな面子ですが、まあ、試用中のものが大半なので。

 ATOKも導入しないといけないし(ことえりは、やっぱり使いにくかった)。

 でも、改めて机の上のMac miniを眺めてると、やっぱり小さいですな〜 VAIO U101と、ほとんどおんなじ大きさだもん。

mini

 これ、買ってしまいました。

“Apple Mac mini (1.42GHz, 80G, 512, Combo, AM, BT, E) [M9687J/B]” (アップルコンピュータ)

 自宅でご使用中のデスクトップPC(Pentium4 2.4C GHz)が絶不調なもので、多分原因は判明しているのだけど、また部品交換となると面倒だし、それなりの費用もかかってしまうので、この際とばかりに、Apple Storeで発注。

 いま、ぼちぼちとデータを移行して、環境設定しているところ。むかし、OSX 10.2時代にiBookを購入して、あまり使い切れずに手放したことがあったのだけど、10.4は、ずいぶんと改善もされて、むじろWindows XPよりもいいかも。

Mac mini

 Mac mini、ああ、久々に物欲に駆られます… キーボードもマウスも添付されていないという往年のSystem7時代を思い起こさせるような構成も懐かしさをそそります。あからさまに、Windowsからの乗換ユーザの呼び込みを意識していますね。なかなかアグレッシブで結構です。願わくば、Cubeの二の舞にならぬよう(価格帯がぜんぜん異なるけれど)。

 …でもこれ、早速他メーカも追従するんでしょうね。efficeonとか使えば熱処理も問題ないでしょうし。確かに、一般的に使うにはテレビチューナだの何だのってのは要らないしね。