macbook

MacBook Pro Retina ファーストインプレッション

MacBook Pro

 あー、はい、買ってしまいました。
 もともとApple Online Storeで予約してたんですが4週間かかるとか意味不明の表示がでたので、銀座のApple Storeに突撃したら在庫があるんだとかいうんで即決。散財。
 これでiPhone、iPad、MacのすべてがRetinaディスプレイになって宅内フルRetina化計画完了、と(あとiTVが来たらテレビもRetina化するのかしら)。

 例によって例のごとく適当に思ったことをあれこれ。ちなみに購入したのはローエンドモデルを英語キーボード化したもの。

  1. やっぱりRetinaディスプレイはすばらしい
  2.  iPhone 4Sの326dpiと比べるとMacBook Proは220dpi。Retinaと言っても少し劣るんじゃないかと思ってました。でもそんなことはなく、アイコンや文字は実に精細に表示されてくれます(液晶パネルにギリギリまで近づいて目を凝らすと、もしかするとiPhoneよりは若干粗いかな、という気がしなくもないようなするような、という程度。一般的な距離感で見ているぶんにはまったく気になりませんな)。
     標準では、2880*1800を仮想的に1440*900と取り扱って表示してくれます。仮想的に1920*1200とかにスケーリングも可能ですが、いまのところ必要性を感じるほどではないです(Safariとかなら、普通にフォントサイズを調整すれば綺麗にスケーリングしてくれますものね)。
     文字表示も綺麗ですが、Mission Controlとかでウィンドウを縮小したときや、画像やpdfをサムネイル表示したときにも、Retinaの綺麗さは発揮されます。サムネイル状態のままでもかなりの内容を読み取れたり。自炊書籍なんかも、よりすっきりと表示されるようになりました。

     なお、Retina非対応アプリケーションは悲惨なことになります。時間が解決してくれるとは思いますが、ReederとKindle対応はよ。Safariで表示される画像なんかも、縦横2倍に引き延ばされた状態になるので、かなり残念になる場合もありますが、こちらはまあ我慢できる範囲。

  3. スクロールとかは爆速ではない
  4.  Kelper積んでますが、だからといって画面表示が爆速というわけではありません。ときどき、思い出したようにSafariのスクロールで引っかかりを感じるときがあります、ときどきですが。2880*1800を引っかかりなく処理するのはさすがにGeForce GT 650Mでも荷が重いのか。
     Apertureとかで画像を見る分には、遅いとかそういうことはないので、2880*1800を1440*900に変換するところでの課題かも。

  5. キーボードは浅い
  6.  キーボードの打鍵感は浅めで、正直好みではありません。完全に好みの問題ですが。ワタシは打鍵が強めなので、指先に反発を感じてしまうのです。厚さ18mmの筐体であれだけバッテリを積めば、キーボードに割ける容積は少なくなりますので仕方ないのはよくわかりますが。
     まあ、総じてApple製品のキーボードに多くを求めるのは無理なのが正直なところ。デザイン優先で打鍵感とかは後回しにされている気がします。

  7. 発熱は今のところ気にならず、でもって意外と静か
  8.  これだけパワフルなマシンですので、発熱だけが心配ですが、とりあえず数日利用した感じでは熱いとかそういうことはなさそう。ツインファンが効いているのかどうか。まあ、日本の夏でどうなるかはわかりませんが。
     前任のMacBook Airがよく発熱でえらいことになっていたので、まあそれに比べれば、という感じ。

     上記のとおりツインファン搭載ですが、ファン音がうるさいということはなさそうです。MacBook Airで負荷を掛けると結構な爆音になってましたが、それもなさそう。

  9. MagSafeは前のほうがいい
  10.  電源のMagSafeは、またまた形状が変更になり、初期型のT字型(筐体に垂直に刺さるタイプ)に逆戻りしてしまいました。前のタイプ(筐体に水平に寄り添うタイプ)のほうが絶対にスマートだったのに、なんで戻してしまったんだろ?
     こればかりは解せないところ。

  11. それでこの値段
  12.  5年前のAppleなら初代MBA並に40万円ぐらい吹っ掛けてもおかしくなさそうなスペックですが、ローエンドで18万円台というのは、円高が進んだのかAppleが学習したのか。正直、この値段で出されると他のメーカーは難しいよなあ。

 というわけで、Appleの初物に手を出したにしては、まあ意外なほどにトラブルにはなっていません。ひさびさによい買い物をしました。

MacBook Airインプレッション

 Sandy BridgeなMacBook Proが目前だというのに買ってしまった。後悔はしていない。

 ワタシの日常スタイルからすると、たぶん、そんなに持ち歩くことはないと思ってはいるので、素直に考えればSandy Bridgeを待ったほうがよかったのですが、なんというか、モノとしての質感というか、極限まで不要なモノを削ぎ落とした感がたまりません。たぶん、これ以上薄くすると、もう、ノートコンピュータではありませんね。

 購入したのは13.3インチ上位モデルをBTOでCPU/Memory増し。どうあがいても後付けで増設できないので、とにかく最強スペックでいくしかありません。

 3か月前の機種なので、とうにあちこちでレビューはされているものと思いますが、やっぱりSSDが爆速なのがすばらしいです。CPUパワーは、前に持っていたMacBook(今日ドナドナされていきました)より300MHzほど落ちているはずなのだけど、アプリケーションの動作は圧倒的にこちらが上。とくにOffice2011の起動が Windows版とあまり変わらないスピードなのが驚きです(まえは平気で20秒ぐらい待たされていたような気が。まあ、それだけOfficeのディスクアクセスが激しすぎるだけなのだろうけど)。
 CPUをぶん回すような使い方は、もともとしていなかったので、これでいいのかもしれません。

 あと、液晶の解像度が13.3インチなのに1440×900というのがいいですね。ドット数は、1280*800の1.26倍だけですが、それだけ高精細になるわけで、ちいさい文字とかでもくっきりしています。

 薄さのせいか、キーボードのタッチは、ちょっと奥行きが浅いような気がしますが、まあ許容範囲でしょうか。サイズ的には問題ないと思います(13.3インチですから当たり前ですが)。ワタシの打鍵スタイルは、かなり強めにたたきつける感じですが、ヘタることはありません。この剛性は想定外。

 気になるのは爆速SSDの書き込み耐久性ですが、まあ、数年は保ってくれればOKというふうに思うしかありません。とりあえず、デカいデータは外に逃がすことにしました。

 ちょっと想定外なのが、Boot CampでWindows XPがインストールできないところ(Windows 7しかサポートされてません)。これは参りましたが、とりあえず、当面はParallelsにインストールしたWindows XPで凌ぐことにしましょう。EU3とか、マトモに動くのかちょっと不安。

Snow Leopard インストールしてみた

 佐川君が昨日持ってきてくれないので、今日になってインストール。
 アップグレードインストールは、何が起きるかちょっとばかり不安なので、バックアップをとってから、まっさらからインストール。おかげでこの時間になってしまった。

 とりあえず、全般的な見た目は、ほとんど10.5と違いが見あたらない感じ。ただ、動作が若干きびきびとしているのは嬉しい(2.4GHz MacBook 13inch)。まだ、基本的なアプリしかインストールしていないので、これから諸々確認していくつもり。

WWDC2009 / iPhone 3GS

 さすがにトシなのか、午前2時からMacの前に正座してlive coverageを追いかけるようなことはしなくなりました。でも、翌朝、いつもより早く目が覚めたのはなんででしょうか。

 一番の話題はiPhone 3GSですが、直前リークどおりの内容になっておりました。さいきんのAppleの秘密保持体制は、往時ほどではないようです。
 とりあえず順当なアップグレードだと思いますが、例によって国内取り扱いキャリアは、例のアレなところなので、残念ながら見送りが濃厚です。誠に残念であります。…BlackBerry Bold買おうかなあ。あっちのほうがまだ、電車の中で片手で操作するには向いているんだよなあ。

 それよりも驚いたのが、Unibody MacBookをMacBook Proにしてしまったところでしょうか。Proの名称を、こんなボリュームゾーンの商品につけてしまったのは意外です。
 内容的にも、何のためかよくわかんないけどSDスロットが付いたりFireWire 800が復活したり。Appleが一度葬ったレガシーインターフェイスを復活させるなんて、これまであったでしょうか(いや有り難いんですけどね)。あと、MacBook Pro 15インチ最下位モデルが20万円未満と、かなり競争力のある価格に落ちてきているので、先週自転車買ってなかったらこっちをBuynowしていたかもしれません。

MWSF2009 Keynote

Live from the Macworld 2009 keynote (engadget.com)

 おわりました。早朝まで見てましたが、そこまでの価値があったかどうか、という感じの、新製品自体は寂しい感じの状況となっております。

 iLife ’09、とくにiPhoto ’09でジオタギングが可能になったのには、直前に発表のあったPicasa for Mac Betaを吹き飛ばしてしまうほどのインパクトがありますが、iMovieも’08での不評を払うのが目的の手直しですし、Garage Bandも日本ではノラ・ジョーンズとかのレッスンビデオは買えないようですし、どうもアップグレードするほどかと言われると、という感じ。iWork群も、順当な小改良という程度の印象しかありません。円高のおかげで若干安くなっているのは嬉しいですが。

 MacBook Pro 17inchは、期待通りのunibodyですが、これは、まあ、ある程度予期されていたレベル。このご時世に30万円以上するノートブックをポンと買えるひとは、なかなかいないだろうし、Appleの業績に与える影響は微々たるものでしょう。モノは良さそうなんですが。
 ”One last thing”と言われたiTunes Store関連は、とくに日米差を感じさせるものとなってしまいました。Full DRM Free化は、たぶん日本では権利者が首を縦に振らないでしょうし、iPhone 3Gからの3G Network経由のダウンロードは、これまた貧弱なソフトバンク網のせい(たぶん)で提供されません。価格の改定も、日本ではもともと150円と200円の二段階になっていたので、これといった新味なし(ていうか、いままで律儀に0.99$単一価格を徹底していたんだと驚いたり)。いずれも日本特有の事情で実現しておりません。

 一部で期待(妄想)されていたiPhone nanoとか、Mac miniのアップグレードとか、7インチ液晶iPod touchとか(これはネタだと思うけど)は、全く登場しませんでした。そういえば、Snow Leopardの話も全くしなかったですねえ。せめてSnow Leopardの新機能の紹介ぐらいしてくれても良かったんじゃないでしょうか。

 この内容ですと、Jobsが自らプレゼンしても、あんまり盛り上がらなかったんじゃないでしょうか… やっぱりクリスマス商戦終了直後の新製品発表ってのは、Appleにはメリットないんだろうなあ。

BBモバイルポイントで

 だんだんInspiron miniロードテスト状態になってきたこのblogですが。

 せっかくInspiron miniを飼ったので、ためしにBBモバイルポイントから更新してみる。とりあえず速度的には自宅で無線LAN使っているのと大差ないような気がする(うちのネットワークが遅いだけなのかもしれないが)。Google Readerをオンラインで読んでも、さほど気になりません。
 Inspiron miniのバッテリーも、ずっと無線LANをオンにしっぱなしにしているのだけど、意外と粘るので、週末なんかにはこれだけ持ってどこかのアクセスポイントに籠もったりしてもいいかも。

 コーヒーショップの狭いテーブルでノートPCを広げる場合、MacBook Airみたいに、どれだけ薄いノートでも、結局フットプリントが大きいと邪魔になって仕方がないのですけど、これぐらいなら周囲の迷惑にもならずに、コーヒーカップが邪魔にもならずに、気兼ねなく利用できます(ああ小心者)。

 あと、ファンレスなのは意外とポイント高いですな。ファンが付いていると、音がするのはともかくとして、通気口からの廃熱が手元に当たったりして嫌な感じになってしまうので。

 と、いうわけで、DELL製にもかかわらず、意外と満足度が高いInspiron miniなのでした(ハードウェアは、ね)。

MacBook 2008

Live from Apple’s “spotlight turns to notebooks” event – Engadget (engadget.com)

 なんかひさしぶりにOne More Thingって聞いたような気がするよ。

 ということで、新型MacBookの登場です。スペックは公式のとおり。Appleのつるぺた好きは、ついにトラックパッドのボタンを無くすところまでに到達してしまいました。見た目はかなり好感触なんですが、実際にこれでクリックが支障なくできるかどうかといわれると、触ってみないことには危険な香りが(タッピングができればいいのかもしれないが)。もしかすると、右クリックボタンを乗せたいけれど露骨に乗せるのはプライドが許さないという単純な理由かもしれません。

 それ以外の全般的なところは、まあPenryn(FSB 1066MHz)にあわせた順当な進化なんじゃないでしょうか(nVIDIAの統合チップセットというとどうしてもnFORCEのことを思い出してしまって、ひとしく地雷に思えて仕方ないのだけど、きっと大丈夫なのでしょう、と思いたい。まあIntel X3100も酷かったらしいけど)。ただ、従来型の白ポリカのMacBookもラインアップに残すというのがよくわからん(アルミMacBookでは製造原価が高騰したので仕方なく残す、というのはある程度理解できるけれど、アルミのままでCPUのクロック数を落とすとか、HDD容量を削るとかすればターゲット価格に近づけるんじゃなかろうか)。製品ラインナップをやたらと細かくして在庫回転を悪化させてしまったのが90年代Apple凋落の原因のひとつ。17inch MacBook Proも既存デザインのまま残ることだし、かつての轍を踏まなければいいのだけど。米国の景気も酷いことになっておりますし。

 MacBookに限らず今回の発表のなかでいちばん気になったのは、FireWireがいよいよ切り捨てられそうなんですが。eSATAを採用するでもなし、外付ディスクの次世代規格をどうするつもりなのか(ディスプレイ出力がHDMIをすっ飛ばしてDisplayPortに移行してしまったのとは対照的だ)。USB 2.0を使えってか? でもUSB2.0のコネクタが増えているわけでもないし、それに転送速度的にそろそろシビアだろうに。ちょうどバックアップ用のHDDを買おうと思っていたのですが、FireWire800を素直に買って良いものかどうか悩ましくなってしまった。
 あとBlu-rayを採用しない理由が “the licensing of the tech is so complex” ってのがなかなか。技術的に積めないということはないだろうと思っていたので、乗らない理由がようやくわかって一安心、ですが、天下のAppleがいくらゴネたところでライセンス条件が変わるとも思えないので、Jobsにはさっさと妥協していただきたいところです(あ、そういえばHDMIもライセンス料が結構するんだよな。単にライセンス料が払いたくないだけなのかもしれない)。

MacBook Air

 というわけで、MacBook Airな訳ですが、まあ技術的にはたいしたものだと思う訳なんだけど、使用シーンが思いつかないという訳でして、自宅で使うには拡張性が低すぎる訳だし、持ち運んでバリバリ使うには底面積が広すぎて何かとかさばる訳で… というわけで買わない訳を列挙してみました。

 実際問題としてどうなんだろうなあ。業務用として毎日持ち運ばざるを得ないような(レアな)方には、選択肢はこれ一択なんでしょう。インターフェイスの割り切り(USBx1でFireWireすらないのはどうかと思うが)については、まあ諦めるにしても、液晶のドット数がほぼ半額のMacBookと同一というのは… 1680×1050とまでは言わないまでも1440×900ぐらい積めなかったものか。結局、インターフェイスが減って薄くなったMacBookと変わりませんのでねえ(いや、その薄さ軽さが最も重要だという向きには最善なんでしょうが)。
 あとあれだ、1.8インチHDDがどう影響するか。SSDを買うのはまだまだ少数派だろうし。

 さて、この行き場のない物欲はどこにぶつけようか。

MWSF2008

Macworld | Expo Keynote – Live Update (macworld.com)

 と、いうわけでJobs総帥の2008年基調講演は、

・iPhone/iPod touch Upgrade
・Time Capsule
・Apple TV2
・iTunes Movie Rental
・MacBook Air

 が正解でした。予想全部当たってるし(笑)

 さて、MacBook Airは、さっそくApple Storeで予約可能になっているわけですが、どうしたものか。とりあえずもう午前4時なので、ちょっと寝てから考えます… FireWireが無いのがなあ。

超薄型MacBook出るか?

「超薄型MacBook」の流出画像? (japanese.engadget.com)

 リンク先の写真の奥側。13.3インチ液晶っぽいが、異様なまでに広いタッチパッド(あれじゃタイピングに支障をきたしそうだ)と、キーボード部分が盛り上がりすぎて液晶画面にぶち当たりそうな感触がするので、なんとなくガセの様な気がする。
 …とかいいつつ、発表されたらBuy Nowしてしまいそうな。上納金を稼ぐためにも、さあ明日から仕事じゃ。