jobs

Appleとワタシ

 小学生の読書感想文みたいなタイトルで恐縮ですが。

 はじめてAppleのプロダクトを見たのは、大学一年生のときだった。当時のApple CEOはスピンドラー(だったと思う)。三台並んだPower Macintosh 6100/60(その名も安直に左からLeft Macintosh、Center Macintosh、Right Macintosh。Left Macintoshがファイルサーバとしての機能も有していた)。漢字Talk7.5。今は亡きAldus社のPageMaker5であれこれDTPなんかをやっていたのを思い出す。

 当時のMac OSの品質というのは、いわゆる信者にもさんざん揶揄されるほどで、肝心なときに爆弾マークを出したり、Laser Writerが肝心なときに動かなくなったり(印刷時には印刷がうまくいくようにお祈りをしたり)。そのころのワタシにとって、Macってのは、仕方なく使うDTP専用機だった。使いやすいことは使いやすいけれど、爆弾マークだらけで、到底実用品ではないな、というのが正直なところ。DTPに流す原稿は、ようやく廃れつつあったワープロ専用機か、自宅のWindows上のテキストエディタで作るのが当然だった。OSの内部構造が隠蔽されているのも気にくわなかった。

 次にAppleのプロダクトを買ったのは、2002年だか2003年だかにiBookを買ったときだったか。OS X 10.2。まだ9.2.2も同梱されていたような気がする。AppleのCEOは、Steve Jobsに変わっていた(今確認したらこんなエントリがあった)。
 あの忌まわしき爆弾マークはなくなっていたが、当時のOS Xは、実用品とは言い難かった。Power PCは、当時のPentiumシリーズに比べて明らかに処理能力に劣り、アプリケーションは、見た目はともかくとして実用的なものはなく、プラットフォームとしてはもしかするとなくなっていくのではないかという予感があった。そのiBookは程なく手放した。

 ようやくマトモになって再度購入したのは、10.4の頃くらいからかと思う。別にAppleのプロダクトは特段好きでもなかったのだけど、なぜかいつくらいからか、Macを使うようになっていた。Switchした理由は、今でもよく覚えていない。たぶん、ワタシのことだから、フォントのエイリアスが綺麗とか、そんな理由だったのだろう。

 気付いたら、かれこれ六台くらいのMacと四台くらいのiPodを買い、いまMacBook Airの傍らにはiPad 2があり、ついこないだiPhone 4Sの予約もしてきた。誰に指図されることもなく、特別な意図も無く、いつのまにか、身の回りはAppleのプロダクトだらけになっていた。何故なのかは、よくわからない。作られるもの、売られるものがことごとく良いものだったからと考えるしかない。

 優れたプロダクトとエコシステムを作り上げ、System7のトラウマがあるにもかかわらず、ワタシを気付かないうちにApple中毒に仕立て上げてしまったSteve Jobs。彼のすばらしさについては、この数日余り、さんざん読み聞きしてきたので、今更ワタシが付け加えることも無い。余人を持って代えがたいという言葉は、こういうときに使うのだろう。非常に多くのことを構想し、それを成し遂げてきたSteve Jobs、いまは安らかに眠れとしか言葉が無い。

MWSF2009 Keynote

Live from the Macworld 2009 keynote (engadget.com)

 おわりました。早朝まで見てましたが、そこまでの価値があったかどうか、という感じの、新製品自体は寂しい感じの状況となっております。

 iLife ’09、とくにiPhoto ’09でジオタギングが可能になったのには、直前に発表のあったPicasa for Mac Betaを吹き飛ばしてしまうほどのインパクトがありますが、iMovieも’08での不評を払うのが目的の手直しですし、Garage Bandも日本ではノラ・ジョーンズとかのレッスンビデオは買えないようですし、どうもアップグレードするほどかと言われると、という感じ。iWork群も、順当な小改良という程度の印象しかありません。円高のおかげで若干安くなっているのは嬉しいですが。

 MacBook Pro 17inchは、期待通りのunibodyですが、これは、まあ、ある程度予期されていたレベル。このご時世に30万円以上するノートブックをポンと買えるひとは、なかなかいないだろうし、Appleの業績に与える影響は微々たるものでしょう。モノは良さそうなんですが。
 ”One last thing”と言われたiTunes Store関連は、とくに日米差を感じさせるものとなってしまいました。Full DRM Free化は、たぶん日本では権利者が首を縦に振らないでしょうし、iPhone 3Gからの3G Network経由のダウンロードは、これまた貧弱なソフトバンク網のせい(たぶん)で提供されません。価格の改定も、日本ではもともと150円と200円の二段階になっていたので、これといった新味なし(ていうか、いままで律儀に0.99$単一価格を徹底していたんだと驚いたり)。いずれも日本特有の事情で実現しておりません。

 一部で期待(妄想)されていたiPhone nanoとか、Mac miniのアップグレードとか、7インチ液晶iPod touchとか(これはネタだと思うけど)は、全く登場しませんでした。そういえば、Snow Leopardの話も全くしなかったですねえ。せめてSnow Leopardの新機能の紹介ぐらいしてくれても良かったんじゃないでしょうか。

 この内容ですと、Jobsが自らプレゼンしても、あんまり盛り上がらなかったんじゃないでしょうか… やっぱりクリスマス商戦終了直後の新製品発表ってのは、Appleにはメリットないんだろうなあ。

Letter from Apple CEO Steve Jobs

Letter from Apple CEO Steve Jobs (apple.com)

 …だそうです。
 Gizmodoが観測記事を打ち上げたので打ち消しに走ったというところなんでしょうが。ジョブズ本人にとって深刻な状況なのかどうかはよくわかりませんが、Apple Inc.(と株式市場)にとっては重大問題ではあります。春先まで療養第一ということなので、WWDCあたりではひょっとすると復帰したジョブズが見られるかもしれません。期待しておきましょう(前にも書いた気がするけど、ジョブズの英語は聞き取りやすくてヒアリングのトレーニングにもなるんだよな)。

 MacWorld ExpoでAppleが製品発表するのも今年で最後。火曜の深夜はlive coverageを追いかけることにしましょう。

Keynotes without Jobs

AppleがMacworldから撤退――基調講演はジョブズ抜きに (itmedia.co.jp)

 ありゃりゃ。
 なんと日経でも発表されております。

 わざわざMacworldのタイミングに縛られなくても、今のAppleの影響力があれば、何か発表したいときには随時クパチーノでイベントを開けばいいわけだから、合理的な判断ではあります。じっさい、新製品発表のタイミングが固定されているというのは、一般的な企業経営にとっては、意外と辛いものがあります(もっとも、Jobsの体調云々の妄想もありますが)。
 でも「毎年恒例」がなくなるのは少し寂しくもあり。