exam

H24春 情報処理技術者試験(SC)振り返り

 ふと思い立って受けてみた。誰かさんに触発されたというのもあるかも。情報処理技術者試験なんて10年ぶりぐらいかしら。日曜日だというのに朝もはよから夕方まで缶詰にされておりました。まあ、ときどき脳内の知識をリフレッシュするにはこういうイベントでも設けないと怠けてしまいますな。
 受けたのは、職業柄全く無縁ではない情報セキュリティスペシャリスト。ワタシの受けた会場の埋まりは5〜6割ぐらい。

 もう問題も解答もでていますが、とりあえず備忘程度に振り返りを。

Continue reading

第1回ANAマイレージクラブ検定 二次試験

第1回ANAマイレージクラブ検定試験2次試験 解答速報 (anasuperflyers.choco-moco.net)

 あ、受けるの忘れてた。

 …でも全くわからんぞ、これ。さすが二次試験。回答には、卓越した検索能力と豊富な修行経験が必要とされたことでしょう。沖縄離島特例マイルにプラチナ加算、ハイ&ローシーズンによる所用マイルの変化とか、たぶんカウンターのおねえさんも即答不可能じゃないか。

 これをマイルチャート以外を見ずに回答できたひとがいたらぜひとも修行の極意をうかがいたいもの。

第1回ANAマイレージクラブ検定試験 一次試験

ANA MILEAGE CLUB TRY OUT 2008「第1回ANAマイレージクラブ 検定試験」開催

 一次試験を受けてきました。解答速報はこちら

 意外と細かいところを問う問題が多かったように思います。すべてにヒント(というか答え)が付いているので、修行僧のみならず一般人でも楽しんで参加できたんじゃないでしょうか(とかいって落ちてたら笑えない)。二次試験はそれなりの難易度になりそうですけれど。

 試験開催が発表されたときに乗っけた予想問題、

「KIX→HND→SGNを飛行した場合の片道通算マイルはいくらか。ただし、国内クラスC、国外クラスY/Bとし、全旅程をANA WebサイトからANAゴールドカード決済により購入したものとする」

 …マイル算出問題にワイドゴールドカード加算を持ってくるあたり嫌がらせすぎるかと思ったら、見事に出題されてて笑った。

ANAマイレージクラブ検定試験

ANA MILEAGE CLUB TRY OUT 2008「第1回ANAマイレージクラブ 検定試験」開催 (ana.co.jp)

 修行僧が集結するんじゃないかと思いますが…

 やっぱり優勝するにはマイレージチャートの暗記とプレミアポイントの暗算程度は必須でしょうか。「KIX→HND→SGNを飛行した場合の片道通算マイルはいくらか。ただし、国内クラスC、国外クラスY/Bとし、全旅程をANA WebサイトからANAゴールドカード決済により購入したものとする」とか。あんまりやりすぎると旅行業務取扱主任者試験になってしまいますが(まったくの余談ですが、いつか旅行業務取扱主任者試験は受けてみたいような気がする)。

 プレゼントはしょぼいです。羽田の整備センターが見学できるのはいいとして、副賞に「ANAマイレージクラブご利用ガイド」って、ご利用方法の表と裏を知り尽くしたのが勝者なんじゃないの?
 ていうか、優勝者にはダイアモンドステータスかスーパーフライヤーズぐらい贈呈しなさいよ。

 まあ、名誉のために闘います。

TOEIC

 とりあえず受けてきた。
 こういうものも使ってみたりしたのだが、今ひとつ効果があったかどうかは分からない。


"模試データ分析でわかった TOEICテスト 4万人の弱点 – 間違えるパターンをランキングで一挙掲載!" (高橋 基治)

 なんにせよ、この歳になると2時間の集中力が持続しないことがよくわかった…
 リスニングの後半戦で集中力が途切れてしまったので、PART IVあたりは酷い事態になっているものと想像されます。リーディングは少し持ち直したような気がしますが。

 結果は年末ぐらい。なんとか人に言える程度の良結果だったときには本ブログに掲載されることになると想像されますが、何も掲載されなかったときにはお察しください。

test the nation

 一日遅れながらtest the nation。昨年やってみてなかなか面白かったので、今年も(録画で、だけれども)。もともと、こういうのは好きなのだ。学生のときは、暇さえあればパズルばかり解いていたような気もするし(最近は時間がなくてなかなか、だけれども)、時々は頭を絞り上げないと鈍ってしまっていけない。

 結果は、まあ、聞くな。