edy

マイルの価値は

ANAマイレージクラブ モバイルのご案内│ANAマイレージクラブ (ana.co.jp)

 というわけで、ANAがまた小銭稼ぎを始めました。ANAマイレージクラブモバイルプラス。月315円で、Edyマイルの獲得数が倍になるというもの(ほかにもいろいろあるらしいが、とりあえず陸マイラー的にはどうでもよい)。で、どういう状態だとこれに加入して得になるのか、ちょっと考えてみることにしました。

 単純にマイル獲得数が大きくなるのはどちら? ということであれば、100x+315<200xで、3.15マイルを上回って獲得したとき、となるのですが(さいしょ、阿呆なことにこれで思考停止してしまった)、当たり前ながら、これでは「315円の支払に見合ったマイルが得られるか」の回答にはなっていません。我ながら(我故に)莫迦ですね。

 加入することにより得られるマイルがどれだけ増えるかというと、x円Edyを使ったときには、2x/200-x/200=x/200マイルを増分として得られることになります。このとき、1マイルの価値をy円(だいたい1.25〜1.5が換算相場のようですが)とすると、(x/200)y円分の価値を315円で得たことになりますので、(x/200)y>315つまりxy>63000のときに、加入する価値があったことになります。仮にy=1.5とすると、月に42000円以上Edyマイルを利用することが通常ならば、加入する価値があることになります(42000円使ったときには、210マイルを315円で買ったことになります)。もちろん1マイルの価値をもっと低く見積もるならば(yの値を小さくするなら)、この分岐点はより高くなることになります。マイルをEdy交換するときは、y=1になるので、月63000円以上Edyを使う気がないとダメですね。さらに、実際には、レジで200円未満の端数がでたときには、マイル付与されず切り捨てられる筈なので、実際の利用額はもっと大きくないとこの値には近づかないことでしょう。

 正直、仕事帰りで疲れた頭にキリンラガーを投入しながら考えているので、正直これが正しい考え方なのか、自信がありませんが、この考え方で行くならば、日常の買い物の相当部分をEdyで処理しないと、マイル単価から考えた還元は得られないんじゃないかということになります。その他の特典(限定コンテンツとか)に魅力を感じないならば、ちょっと考えた方がよさそうです。

 …なんというか、ANAもうまいこと考えたものですね。「315円でマイルが倍に!」と言われたら、あっさり食いついてしまいそうです。とにかく、機内サービスの簡素化からはじまって、コツコツ小銭を貯めていくことしか当面考えていないんじゃないかという気がします。315円なら、マニアファンは、あっさり加入してくれそうですし、なんとなく(あくまでなんとなく)お得感もありますし。

 あれこれ考えてはみたものの、マイル口座に蓄積されるマイルを最大化することに歓喜を覚えるワタシは、即加入の予定なのですが…

ANA View Suica

ANAマイレージクラブ – サービス・お手続き方法 (ana.co.jp)

 引用元のタイトルが変ですが、ANA VieW Suicaカードが登場することになりました。といっても所詮VieW TypeII 提携カードだし、しかもポイント交換がAMC→Suicaの一方向というマイラー排除仕様なので、あまり魅力もないわけですが(ANAとしてはやっぱりマイルが莫迦みたい蓄積されるのは負担になるので、適当なところで外部に逃がしたいという意図があるものと思われます)。せめて定期券機能が付いていれば移行も考えるのだけどなあ。クレ板当該スレッドでも既に1000マイル発生器との烙印が押されております。

気づくと

 6月も半分終わってしまったりしてるわけですが、まだニートな感じで自宅におります。

 退院してから、ずっと自宅静養になっておりますが、この1週間は、1泊2日で大阪に行ってきた(単に某嬢を驚かすために)以外は、とくになにごともなく過ぎていきまして、ええ(ずっと自宅にいるとそれはそれで良くないので、適当に近所を散歩したりとか)。なんか、一足早く老後を体感しておりますよ。

 前に書いたとおり、AmazonでEdy決済ができるようになったので、適当にAmazonを散策していたら、なんかこんなモノまで売ってるし。どこまで手を広げるつもりだ、Amazon。

AmazonでEdyが。

電子マネー「Edy(エディ)」 | Amazonでも、Edyが使える!

 気づいたらこんなことになっていたとは。
 さいきん本を買う場合は、かなりの部分をAmazon.co.jpに頼ってしまっているので、ますますマイルが貯まってすばらしいことです(この馬鹿みたいに蓄積したマイルをどうするのだという問題はありつつ)。

 ずっと自宅に居るので、食事は自宅で摂ることが多く、日々スーパーに食材を買い出しに行っているのですが、そちらでは JR東日本謹製Suica様が活躍しておりますので、最近、現金を使うことが本当に少なくなっております(せいぜい、自販機で煙草を買うときぐらいかな)。SuicaもモバイルSuicaにしてしまって、そのチャージをANAカードで行っているので(いわゆるANA集約)、日常の買い物ほとんどにマイレージが貯まっていくという… カードの決済がちょいと怖いが(笑)