computer

MovableType 3.0 Developer Edition

 MovableType 3.0 Developer Edition BETAが登場したので、とりあえず手元のノートPCにインストール。ApacheとMySQLも、とりあえず無駄に突っ込んでみる。

 Apacheの設定がタコなために、ブラウザでは何故かiso-8859-1として認識されてしまうものの、とりあえず問題なさそうな感じです。でも、2.661との違いって、本当にSPAM対策とプラグイン関連だけなのね… 若干rebuildが早くなったとかいうハナシだけど、ワタシの環境では比較できていないので、なんとも言えないけど。

 …3.1ぐらいになったら移行するかもしれません。

台風

 台風がお近づきのようで、明日の朝は出勤が大混乱になるかもしれない。いっそ電車が止まってくれればいいのだが、と運動会前の小学生のようなことを考える。打ち合わせを終えて夜中に帰社したら、妙にガランとしていたのは、みんな台風だから、と理由をつけて帰ってしまったんだろうな。ワタシも素直に直帰するんだったか。

 台風一過、週末はきっといい天気になるだろうから、ちょっと遠出してみようか。

 あ、世の中ではMovableType 3.0が登場したようだけど、とりあえずここは2.661のまま続行。テスト環境でちょっと馴らしてから再構築しますです。さっそくMT3.0向けのカスタマイズも出回っているようですけど、とりあえず不便を感じていないので(笑)

新MURAMASA

 諸般の事情によりA4ノートPCを持ち運ぶことになってげんなり。ノートと言いつつ持ち運びを全く考慮していないあのタイプは、どうも好きになれない。飛べない豚がただの豚であるように、持ち歩けないノートPCは、ただの机上計算機だというのが持論なので、なんだかね(と、いいつつVAIO Zで更新してたりするんですが)。

 ちょうどそんなことを思っているときに新MURAMASAが発表になったりするものだから、いろいろと気になってしまうわけです。Efficion第二号機でもあることだし。PC Watchの記事(写真豊富)を見て黒モデルに惹かれる自分。とりあえず物欲を押さえるために冷静に分析。

 OKな点:(1)7.2インチWXGA超高精細液晶。デジカメの写真をSDで転送してその場でレタッチしたりするのには最適でしょう。(2)Efficion。あのトリッキーなCPUを使ってるというだけで悶えます(笑)
 NGな点:(1)サイズは小型でも、けっこう厚みがあるようで、カバンの中のおさまりは余りよくなさそうな感じがしますです。(2)超小型キーボード。ちょっとタッチタイピング、というわけにはいかなそうな… 少なくともワタシには無理、たぶん。

 ドイツ人デザイナをわざわざ呼んできて気合いの入ったデザインにしてみたのはいいものの、実際に持ち歩いて酷使するには厳しそうな感じがしますです。まあ、オブジェとしてはいいのでしょう、と自分を押さえつけて今日は寝る。

MovableType

 に、移行しました。
 といっても、とりあえずデータだけ移しただけで、レイアウトとかは、かなりいい加減(ていうか標準にちょっと手を加えただけ)なのだけれども。
 なので、これからまた、かりかりと改造が入りそう。Categoryも適当につけているだけだし(内容を確認しつつ適切なカテゴリにしてあげないと)まだCommentもTrackbackもできない状態なので(過去分についてそうする必要があるかどうかはまた別だけど)。

 データの移行のために、ひさびさにperlスクリプトを書いたのですが(2002年以降のデータは、1日1ファイルになっているので、とりあえずnDiaryから機械的に移行できなくもない)、プログラミングの腕、っつうのは、しばらく怠けていると相当になまるものですねえ。リファレンスを左にして、思い出しつつ、とりあえずは移行できたけど。
 2001年より前のデータは、HTMLでしか残ってないから、これまたどうやって移行するかという問題もありつつ。文章としても手直ししたい部分も少なからずあるけれど…

VAIOがあるのに

 この日記は3年前のGateway Soloで書いているという不思議。隣にはついこないだ購入したばかりのVAIO様が鎮座しているというのに。
 だって、こっちのほうがキーボードが使いやすいんですもの。決して手が小さいわけではないんですが、キーボードは小さい方が手に馴染んでしまっているので。
 せっかく高い金を出して購入したVAIOさんですが、すっかりWeb閲覧専用機に成り果てております(はやくも売却欲が、うを)…
 やっぱり、中古のThinkPadあたりにしておけば良かったかもなどと反省。キーボードは大事です。

 手をキーボードに慣らすようにしないといけないのかな。

続・DNS

 新サーバに移行しました。といっても、見た目は全く変わっておりませんが。

ノートブック

 無事、今のデスクトップの嫁ぎ先が決まったので、新しくノートPCを購入。こいつでございます。
 ひろびろSXGA+液晶に一目惚れしてしまいました、はい。

 当初はThinkPad X31かX40かのどちらかを買おうと思っていたのですよ。PCのなかで一番重要な部品はキーボードと固く信じる私はそう、ビッグブルー様ご謹製ThinkPad信者。今回の購入対象も、もちろんThinkPad。どちらかのうち、キーボードの出来のよろしい方を買おうと心に誓ってのビックカメラ討入。

 で、ビックカメラ某店のThinkPadコーナーの隣がVAIOコーナーだったのが運の尽き。X40と外付けDVDをセットで買うよりも、こっちの方が安いときたもんだ。
 V505のキーボードは相変わらず駄目駄目な感じだったんですが、Z1のキーボードは、まあ、並の上くらいの出来。突き抜け感はあるのだけど、重さが全然なくて、そういえばiBookのキーボードに剛性をつけてみました、というところか。
 あと3年は使うだろうことを考えると、画面の広さとキーボードとを天秤にかけて閉店時間まで迷ったうえで、注文したのは初のVAIOでしたとさ。
 …最近のThinkPadって、どうもキーボードのストロークが昔と変わったような。かつて使っていた240Zのころは、もうすこし心地よく抜けていくような打鍵の感触だったんだけど、最近のは、重たい感じ(それ自体はいいのだけど)に、引っかかりがあるような(デモ機がくたびれてただけかもしれないけれど)。

 で、VAIOなんですが、今のところ、それなりに快適ではあります。やっぱり広大なデスクトップと有り余るリソースというのは、それぞれのアプリケーションの使い方も変えてしまうようで、たとえば2つのWordファイルを同時に並べて見比べながら文書を修正するとか、そういうことも苦にならないというのは、ちょっとこれまでとは違うエクスペリエンス(笑)だったりします。不安だった打鍵感も、まあ長時間使用しても疲れがこないような軽さで、悪くはないかと。
 あとは、ソニータイマー発動の時を震えながら待つのみ、ですな(笑)

 あと、VAIOだから当たり前とはいえ、メモリスティックスロットがあるのはちょっと快適。CLIEとCyber-shot U持ちですので、メモリスティックとの連携は欠かせませんわね。と、徐々にソニー色に染まっていくワタシの電子機器環境。いえ、決してソニー信者ではありませんのよ。

ノートパソコン

 このあいだの年末年始に、実家からノートパソコンを強奪。もともとはうちの両親が「パソコン」なるものをしてみたいといって購入(ってもワタシが使用していたののお下がりなのだが)したものだったのだけど、どうも2年ほど使用していなかったようで、埃を被っているのはどう考えてももったいないとばかりにワタシが再び使用することとなった。

 今となってはかなり旧型(Celeron 400MHz、なんとSVGA)なもので、引き取ったはいいものの、どうしたものかというのはありつつ、とりあえず再セットアップして廃品利用とばかりに使用中。で、このテキストを書いたりメールを読み書きしていたりで数日あまり。

 …新しいノートパソコンが欲しくなりました(爆)
 だって、デスクトップって、画面が広いのはいいんだけど、テキストを書くには、なんというか、手に馴染まないところがあってですねえ… 他人行儀というか、仕事の延長のような気分がしてくるというか。いや、まあ全くの気分的なものなんですが…
 プログラムを書くときには、広々としたデスクトップの方が使いやすかったりするんだけど、文房具的ツール的に使い回すには、スペックよりも使い勝手、なのですかねえ。

 てことで、今のデスクトップの引き取り手を探す旅に出かけるのであった、って、過去にもこういうことがあったような記憶が。

Redhat 9

 諸般の事情によりRedhat 9をインストール中。VGA(ProSavageDDR)を認識してくれない… XF86Configを書き換えれば何とかなりそうなのだけど、今日のところは時間切れ。

Ruby

 と格闘中。
 いろいろと日常の作業をうまいことスクリプト化してしまおうと考えているのだけど、そのスクリプトの作成自体がけっこう面倒という本末転倒状態に陥りつつある…