cellular

カロリー

カルチョ! で今日からカロリー貯金 (calcho.net)

 いいかげん体重がいい感じになってきてしまってきて、体脂肪率が30%などという、とうてい人には言えない状態になってきたので、10日ぐらい前からはじめてみました。とりあえずいちにち2000kcalを目標にしてみる。
 類似のサービス(Yahoo! beautyとか)は数あれど、UIが比較的シンプルなのと、携帯電話からも入力可能なのがいいです。何か口にするごとに携帯から登録してみるのが習慣になりました。
 あと、カロリーが判別できないものを食べなくなったという副作用もあります(笑)

  それから、こんなものも買ってみました。骨量を算定してくれるとか、さいきんの体重計は恐ろしいことになっているのですね。そのうちUSBかBluetoothで自動的に履歴を吸い上げてくれる体重計とか登場したりするんじゃないでしょうか。


"インナースキャン50V"(タニタ)

 まあ、こんなことを書きながら一番搾りを飲んでいたりする訳ですが…

(追記)
>>Bluetoothで自動的に履歴を吸い上げてくれる体重計
 よく考えたらWii fitがそうだった… 任天堂恐るべし。

iPhone 3G発売前夜

 ここ表参道では700人近い行列が朝7時のiPhone 3G購入を待ちかねている訳ですが。

 というのは嘘で、ワタシは当面は買うつもりはないのですが、手元のiPod touchのファームウェアをアップグレードさせてみるつもりなので、とりあえず明日が待ち遠しくて仕方がない(笑) App Storeも、もう開いているようだし。

 一方で我が国ではこんなことに時間を費やしていたりで、なんとも寂しい限り(まあ、B-CASと違って公開の場で正面切って議論しているだけマシなのかもしれないけれど)。DRMは著作物の流通を促進する方向にも、制限する方向にも働くという、両方の側面があるわけですが、何のためのDRMかというところを見失っているような気がします。

3G iPhone

Gartner analyst stokes 3G iPhone rumors (appleinsider.com)

 3G iPhoneがもうすぐみたいです。アイホンの商標問題 [pdf] も片付いたようだし、いよいよ日本市場へのiPhone投入が近づいているのかもしれません。キャリアは… なんとなくですがNTT DoCoMoになりそうな気がしていますが(ソフトバンクモバイルの場合、Appleが新スーパーボーナス的な売り方を認めるかどうか微妙なので)。まあ、もともと”Asia in 2008″と言われていたので、秋になろうが冬になろうがあまり期待せずに待つことにしましょうか。

1000万円携帯

価格1,000万円、ソフトバンクからティファニー携帯登場 (k-tai.impress.co.jp)

販売方法などについても未定だが、10台のうちの1台の行き先は決定している。ソフトバンクの孫氏は、発表会のゲストとして登場した上戸彩に対して、ソフトバンクよりティファニーモデル1台プレゼントすることを明らかにした。これを聞いた上戸彩は、それまで話していた声が裏返ってしまうほど驚いていた。

 そら声も裏返る(笑)

 機種自体はVERTUを参考にしたんじゃないかと思うんですが(数万ユーロとか…)、直接の利益に結びつくかどうかはともかく、こういうことを打ち上げて話題をかっさらうのは上手ですなあ。おかげで同日のauの発表会がかすんでしまった(まあ、auもKCP+の失敗で苦し紛れに集めてきた機種の寄せ集めだったという不利が多々ありつつも)。

 ときに、非常に気になるのは、この1000万円(原価は数百万だと思うけれど)の会計・税務上の処理はどうなるのかということで。
 発表会に付随する費用だから広告宣伝費として費用扱いになるのかなあ。でも、贈与(経済的利益の供与)として寄付金扱いになっても不思議ではない気がするし… まさか実は孫正義個人からのプレゼントというわけではあるまいな。でも孫正義からのプレゼントとすると上戸彩個人に贈与税がかかるのか? それは余りにも可哀想というもので。
 あの発表会を見てそんなことだけ気になってしまうワタシも相当莫迦だが。なお、税務関係は正直素人なので上述の記載は余り参考にしないでください。

10年前のHTML日記

 グレ電、HITSHOP、PostPet、Aldus、たれぱんだ、Netscape Navigator。

 なんか懐かしい単語ばかり並べてしまったが、いろいろあってHDDの中身を整理してきたら、10年前のHTML日記のファイルがあらわれた。そのなかから、最近聞かない単語をあげてみたり。
 今じゃぜんぶ見かけなくなったなあ。グレ電(グレーの公衆電話)は携帯電話に押されて消えて無くなったし(そういえばICカード公衆電話なんてのもあったっけ? 磁気カードの公衆電話より先になくなってしまったが)、その公衆電話を衰退に追い込んだ携帯電話を莫迦みたいに売りさばいたHITSHOPも呆気ないほど急速に消滅してしまい(光通信自体は生き残っているようだが)、今に至るわけだが。Netscape Navigatorも昔は金を払って購入したものだが(NN3.0ぐらいまでだっけ)。

アイピーモバイルが破綻

アイピーモバイルが破産、免許は返上 (impress.co.jp)

 やっぱり、全宇宙の通信事業関係者が内心思っていたとおりとなりました(笑)

 これで結局2GHz帯の新規事業者はイーモバイル一社だけになってしまいました(ソフトバンクはvodafone買収により返上、今回アイピーモバイルが破綻)。やっぱり通信事業は少々の技術的優位なんかよりも資金力勝負になってしまうのだなあ。ところで空いた周波数帯はどうするんだろう? そのまま空きっぱなしにするのは非常に勿体ないと思うんですが、かといって既存携帯事業者4社の食指が動くかというと、どうもそういうふうには思えず(現状そこまで逼迫しているようにも見えないし)。WILLCOMは2GHz帯獲得に手を挙げた過去があるから、そっちに向くのかもしれません。

(追記:イーモバイルは1.7GHz帯だった… てことは2GHzは新規事業者ゼロか)

Nokia電池パック回収

松下電池工業製電池パックが全世界で回収、その数4600万 (slashdot.jp)

 Nokiaの携帯電話に使われている電池パックということで、日本国内ではあんまり問題になっていないようですが、ウチにはNokiaのGSM携帯がひとつ眠っているので(Nokia 1100という、某東南アジア国家への旅行時専用ではあるが)一応調べてみた。
 裏蓋をあけてみると、確かに問題のバッテリーは入ってましたが、とりあえず対象外なようで。こいつも、しばらく使っていないなあ…

Nokia 1100 GSM

 左が問題のバッテリーBL-5Cです。うちのはMADE IN CHINAでした。

 Nokia 1100は、通話機能とと英文・タイ文SMS送受信機能だけ、という日本の携帯電話と比べると恐ろしく低機能(10年前のPHSでももうちょっと機能あったんじゃないか)なブツですが、まあ、現地ではそれなりに役だってくれています。

MYUTA判決

著作権侵害差止請求権不存在確認請求事件 平成19年05月25日[PDF]

 判決文が公開されたので、今更ながらではあるが読んでみる。経緯はこちら
 …自動公衆送信って、こういうことだったっけ? なんか、判断するレイヤーを1段階間違えているような気がするんだけど。
 こちらとかこちらでも疑問が呈されているようで、そりゃそうだわなあ。

 今回問題になっているMYUTAなるサービスは、自分のPCから専用ソフトでmp3なんかを携帯電話用音楽フォーマットに変換、専用サーバストレージにアップロードし、自分の携帯電話でダウンロードするというもの。要するに、手持ちのCDを着うたにできるわけですな。レーベルモバイルなんかにとっては、確かに困るでしょうなあ。

 で、争点は、(1)誰が複製(サーバストレージへのアップロード)をしているのか(ユーザが私的利用のための複製をしているのか、MYUTAが行っているのか)、(2)携帯電話でのダウンロードが自動公衆送信に該当するのか(サービスのユーザは「公衆」なのか)、ということなんですが、とくに気になるのは(2)のほう。
 確かに著作権法の「公衆」概念は、明確に割り切れないところもあって、悩ましいんですが、今回のように携帯電話のサブスクライバIDまで使ってダウンロード先を識別しており、アップロードした音楽を、複数の携帯電話でダウンロードすることはできないにもかかわらず「送信の主体が原告(注:MYUTA)であり、受信するのが不特定の者であることに変わりはない」(判決文からの引用)というのはねえ… そりゃ、サーバってのは、同時に複数の処理を行いますし、物理的には複数人にデータを送信しておりますが、自動公衆送信って、そういうことを言うんじゃないと思っていましたが。

 判決文には、MYUTAのシステムの仕組みが相当に詳しく書き込まれておりますが、かなり気を遣って作られたシステムであると思います。この内容で、自分が実務上、こういうサービスを開始したいんだが法的に問題あるか、と相談されたとしたら、それなりに悩みつつも、OKを出してしまいそうなサービス内容ではあります。その結果として、開発費用を投じてシステムを開発したにもかかわらず、(下級審とはいえ)NGを食らってしまうとなると、実務としては相当に消極的に判断しないと怖いです(カイシャにとって裁判に掛かるコストって、カネが掛かるというよりも、現場のヒトが拘束されるほうが大きいんですよね…)。上級審での判断がなされることを望むしかないです。

Continue reading

auに戻りました

WILLCOM W-ZERO3 [es]

 外出時間を利用して、右側のWILLCOMから、左側のauに機種変しました(しばらくはWILLCOMから自動転送になるので、これまで通りの番号で掛けていただいてかまいません。新しい電話番号とメールアドレスは、あらためて通知します>関係各位)。
 なんつうか、色とデザインの選択がワンパターンですいません。

 キャリアとしてのWILLCOMには、たいした不満があるわけでもないんですが、いろいろと区切りをつける意味で。
 というのも、W-ZERO3[es]なんですが、確かにWindows Mobile搭載なので、スケジュール管理だの何だのと、なにかと便利で、これひとつでスケジュールもToDoも任せてしまっていたんですが、それが逆に鬱陶しいというか… 要は、[es]を見ると休日でも仕事のことを思い出してしまうという… なんだか自分でもよくわからない理由です。あと、Opera搭載なので、Webの閲覧も確かに支障ないレベルにあるんですが、それはそれで考えもので、なんか最近、電車のなかで読書をしなくなってきたような気が。
 070通話無料も、確かにすばらしいんですが、周囲はDoCoMoだらけでして(笑)

 それだったら単に機種変すればいいだけのような気もしますが、なんとなく。

 あ、あと、おさいふケータイがやっぱり便利そうでねえ… 繰り返しになるけど、WILLCOMに対してとくに不満があったわけではないんですが、[es]の後継機も、使い勝手は、あまり変化がなさそうだし。
Continue reading