cellular

BlackBerryその後

 なにかネタがあるのかと思われたのかもしれませんが、実に何もありません。

 BlackBerryに派手なところは何もなく、日常生活を地味にサポートしてくれています。生活はすこし便利になりましたが、まあ、それだけではあります。スケジュールをPCと同期して、ときどきブラウザを開いて調べ物をして、Twitterでつぶやいたり、foursquareでチェックインしたり、という感じ。どっかのiPhoneみたいな、エンターテイメントの要素はほとんどありません(音楽とかはiPodで十分だしねえ)。

 ブラウザのスピードが遅いんじゃないかというのだけは、ちょっと心配していましたが、テキスト中心のサイトを見るには、ほとんど支障がありません。ハナから期待はしていなかっただけに、うれしい誤算です(でもはやいところOS6がきてほしいけど、DoCoMoはやる気ないだろうな)。

 ただ、crackberryで買い物をしようとすると、クレジットカード情報が通らないので、アプリが購入できないというのだけはなんとかしてほしい… (ワタシ、国際テロリストの一味かなんかだと思われてるんでしょうか?)

BlackBerry買いました

 ということで、どっかのスマートフォンと違って左下を触っても電波の弱くならないBlackberry 9700です。ついに買ってしまいました。

IMG00010-20100731-2039

 ようやく初期設定が終わって使いやすくなってきたところ。何となくですが、往年のPalmを思い起こさせるようなUIですね。そういえばTungusten C欲しかったなあ、その昔。

 これもBlackBerryのキーボードで書いていたりしますが(上の写真も)さすがにデスクトップ並みとまではいかないまでも、まあ普通の携帯のテンキーなんかよりはよっぽど快適で、それだけでも換えてよかったと思っています。

 …iPhoneの入力機構には到底耐えられなかったので、スマートフォンにするならこの一択しかなかったんです、ともいう。

 しばらくはいろいろアプリを試してみて自分に馴染むようにしていく、悪戦苦闘ながらも愉しい日々がつづくんでしょう。いや楽しみだなあ。

モバイルSuicaの罠

 しばらく風邪で死んでおりました。今年の風邪は高熱にはならないけれど長引くということなので、かえって鬱陶しい。

 そんなこととは関係なく、Xperiaが4月1日販売開始てなことで、ちょうど手元の905iが2年間の割賦縛りも解けたところということで、そろそろ買い換えの季節のような気もしつつ、ひとつ困りものなのがモバイルSuica。
 通勤に使う路線はぜんぶJR東日本なので、モバイルSuicaに定期券を設定しておいたのだけど、ふつう定期券というものは6か月とかで買うもので、こいつの次の更新時期が6月末。4月に機種変更すると2か月ちょっと分が余ってしまう。
 次の機種にもFelicaチップが搭載されていれば、たんに移し替えるだけなのだけど、そうでない場合、移し替え先は昔ながらのカード型Suicaとなる、筈なのだけど、どうやら、できない。

 モバイルSuica定期券をやめるには、どう調べても、いったん定期券を解約して、新たに買い直す、という手続が必要なようで、そうなると、だいたいワタシの場合、1万円ぐらい損する感じ。まさに罠。

 と、いうわけで、Xperiaはあえなく当面見送りとなりました。ここに集まってくるレビューをみてても、なんだろう、なぜか買う気にさせてくれない(笑) ということで、同じく見送り予定だったiPad 3Gモデルが、俄然資金投入先として魅力的になりつつあります…

あけましておめでとうございます

 おくればせながら、あけましておめでとうございます。とりあえず、今年は、いろいろありつつも体重を落とす方向で。

 Twitterを使うようになってから、スマートフォンが本気で欲しくなっている今日この頃。今年は、どこかのタイミングでMacを買い換えようと思っていたけれど、先に携帯電話を買い換えることにしよう。とかいってNexus Oneが日本でも入手できるようだったら、あっさり走ってしまうかもしれん。

WWDC2009 / iPhone 3GS

 さすがにトシなのか、午前2時からMacの前に正座してlive coverageを追いかけるようなことはしなくなりました。でも、翌朝、いつもより早く目が覚めたのはなんででしょうか。

 一番の話題はiPhone 3GSですが、直前リークどおりの内容になっておりました。さいきんのAppleの秘密保持体制は、往時ほどではないようです。
 とりあえず順当なアップグレードだと思いますが、例によって国内取り扱いキャリアは、例のアレなところなので、残念ながら見送りが濃厚です。誠に残念であります。…BlackBerry Bold買おうかなあ。あっちのほうがまだ、電車の中で片手で操作するには向いているんだよなあ。

 それよりも驚いたのが、Unibody MacBookをMacBook Proにしてしまったところでしょうか。Proの名称を、こんなボリュームゾーンの商品につけてしまったのは意外です。
 内容的にも、何のためかよくわかんないけどSDスロットが付いたりFireWire 800が復活したり。Appleが一度葬ったレガシーインターフェイスを復活させるなんて、これまであったでしょうか(いや有り難いんですけどね)。あと、MacBook Pro 15インチ最下位モデルが20万円未満と、かなり競争力のある価格に落ちてきているので、先週自転車買ってなかったらこっちをBuynowしていたかもしれません。

Nokia E71

Nokia、日本で携帯端末の販売打ち切り (itmedia.co.jp)
ドコモ、ノキア製「E71」の発売を中止 (k-tai.impress.co.jp)

 あらー。Nokia全面撤退ですか。NM706iちょっと欲しかったんですが(さいきんの携帯はスマートフォンでもないのにひたすら大型化してきていて、持ち歩くのに鬱陶しいので、一昔前のpreminiみたいなのが欲しい)。

 店頭で並んでいるところでも、どうしても機能的に見劣りがしてしまう(Symbian S60の底力はそんなもんではないのだけどなあ)というのが普及しなかった理由なんでしょう。ワンセグもおサイフケータイもなければ、見た目のスペックもQVGAとかで、iアプリはどうでもいいけれど本来の持ち味であるS60ネイティブアプリはキャリアの方針でインストールできないでは、正直戦いにはならなかったんでしょう。

 E71も、HT-01Aの中途半端ぶりを知ってしまってからは、どうせiモードメールが使えないならば、いっそこちらのほうが長文メールを書いたりするのには適しているんじゃないかと思ってウオッチしていたのですが… こうなったらTreo Proでも日本語化して売ってくれないものか(Palm OSじゃなくてWindows Mobileだから日本語化もコストはそんなにかからないと思うんだが…)。

iPhoneでワンセグ

ソフトバンク、iPhone 3Gでワンセグ視聴できる充電アダプター (k-tai.impress.co.jp)

 あまりにも大胆すぎる周辺機器の登場です。別装置でワンセグを受信しておいて映像データをWi-Fiで飛ばすとは力業すぎます。案の定、バッテリーの持ち時間は哀れを誘うほどになっております。
 ということで、鬱陶しさを考えると実用性は疑問ですが、まあこういうものを開発して販売してしまうところはさすがというべきでしょう。でも買わないけど。

Touch Diamondのホットモック

 こないだ物欲宣言をしたTouch Diamondのホットモックがビックカメラ有楽町で展示されていたのでちょっとだけ触ってみる。

 とりあえず従来のWindows Mobile携帯に比べて圧倒的に小さいというか軽いというか、日常の持ち歩きに苦にならないサイズにまでは落とし込めているところは凄いです。むかしW-ZERO3を鬱陶しく思いながら持ち歩いていたのが嘘のようです。
 文字の入力は、さすがにキーボードがついていないので非常に面倒ですが。これもTouch Proならキーボードが付くので、まあそっちを狙うならば苦にならないでしょう。Touch Diamondは、ビューアに徹するのが良さそうです。あんまメールなんかは書きたくならない感じ。
 SIMが刺さっていなかったので、Webの閲覧スピードがどれほどのものかはわかりませんでしたが、Touch FLO 3Dのせいか全般に若干のもっさり感があったのは否めないので、Webもサクサクとはいかなそうな予感がします。Touch FLOを切ったりできるのかな? であればふつうのWindwos Mobile機並みになるんじゃないでしょうか。
 まあ、全般的には見送りのような気がします。DoCoMoから登場するTouch Proでいくらか改善されればいいのだけど。

 となりにiPhoneのホットモックもありましたが、こちらは何故か誰も触っていなかったり。レスポンスの早さ(正確には遅さの隠し方)はこちらのほうが圧倒的に上ですが、誰も触ってないってことは、個人需要は一巡してしまったのかねえ。買いたい輩は発売当初にさっさと買ってしまったんだろうし、ハードウェア自体は当面アップデートもされないでしょうから(ソフトが着実にアップデートされていくであろうところがiPhoneの怖いところ)、日本市場での伸びしろはおおきくなさそう。まあ、なんか法人向けに導入されたりもしているみたいだけど。やるなベリングポイント。

86歳でケータイ小説

 しばらく風邪気味だったのでこの週末は寝るべしと思いつつこんな時間。とりあえず今週驚いたことをひとつ。

瀬戸内寂聴さん、86歳でケータイ小説に挑戦 (itmedia.co.jp)

 ロイター配信の記事があったのでこちらから。
 もう86歳になられたのかというのもありつつ、わざわざ大先生が携帯電話を片手に執筆されたのかと思うと何故か涙が…

touchほしい

 touchといってもiPod touchのほうじゃないです(一時期持ってたけど、満員電車内での片手操作が難しいのと、Safariが落ちまくって到底実用的でないので手放した)。

ドコモとソフトバンクから「Touch Diamond」「Touch Pro」登場 (k-tai.impress.co.jp)

 こっち。
 Touch Proのほうが微妙に欲しかったりする。おサイフケータイ(FeliCa)が使えなくなるのだけが難点だけど(まさか搭載してこないよな)、まあSuicaぐらいはカードでも何とかなるし、Edyはさいきん使用頻度が下がってるし、引き替えにしても惜しくないレベルかな。とりあえず今の携帯(N905i)が使いづらくて仕方がないし、i-modeも大して使い途がないので、きちんとOperaを積んでいる端末が欲しい。

 できれば海外だけでもSIMフリーだったりするとうれしいのだが、DoCoMoにそれを望むのは無理でしょう。emobileのTouch DiamondはSIMフリーになっているかもしれないけれど確証がないし、所詮1.7GHz帯しか対応しないので国内では使いようがないのが残念。HTCから、Advantageのときみたいに直接SIMフリー版のTouch Proが出たりしないものか(あ、でもその場合バリュープランで契約できたりするのか?)。