bluetooth

ニコンやっちまった(やってくれた)

 ダウが10000ドルを割り、日経平均が仲良く10000円を割った今日この頃ですが、こんなおバカな製品が。まだまだ日本経済は元気です。

究極のモバイル――ニコンの新提案「UP」 (plusd.itmedia.co.jp)
製品公式サイトはこちら

 ついにHMDの時代が到来しました。ひとり一台HMD、ちょっと前までは(今でも)猫も杓子も電車の中ではiPodの白イヤホンを着けていたものですが、これからの通勤風景はみんなそろってHMDですよ。HMDというと、塚本昌彦教授を思い出してしまうのですが、教授の熱烈なる普及活動のおかげか、ようやく商用化への道をたどりつつあるようです。でも、ニコンという比較的堅いカイシャから登場するとは思わなかった(でもHMD開発では光学技術が一番重要なところなのだろうから、確かに一番近いところにいたのは確か)。

 ただ、HMDといっても、こいつはせいぜいあらかじめ貯め込んだAudio/Videoファイルの視聴ぐらいしかできないのですが。一応無線LANは付いていて最低限度のWebブラウザはあるということですが、まあ 640*460ではたいしたサイトの閲覧もできず(MobileSafariかMobileOperaクラスのものを積んでいたらまた別なんでしょうが)。いっそ、FOMAモジュールとMobileOperaを搭載してしまった方がよかったかもしれません(夢物語に近いですが)。あ、あとワンセグは積んだ方が良かったんじゃないかな。突端部からB-CASカードが突き出した格好で良ければ12セグ積んでもいいと思うけど。
 と、いう感じに夢が広がりまくりで、何にせよ、大いなる一歩には違いないのでしょう。かなり歩幅が大きい一歩だけど。

 もっとも、Bluetoothヘッドセットすらマトモに普及しない我が国では、どれほど普及するかどうか… 他人と違う外見を気にする国民性ですから(Bluetoothヘッドセットで喋ってるだけでも変な顔されるし。ようやく”24″あたりで認知されてきたかというくらい)。ということで、当分はキワモノ扱いが続くことでしょう。とりあえずまあ、なんというか、ニコンやっちまったという感じ。でも、もっとやっちまってくれ。3年後の山手線の光景は一人一台HMDだ、きっと。

(追記)
 engadgetの紹介記事、

購入してしまいそうな方は自宅内だけでなくぜひ量産型塚本教授として装着したまま街を歩きウェアラブル・HMD・ユビキタスの普及に殉じてください。

 やっぱりみんな塚本教授しか思い浮かばないらしい(笑)

Logitech V270 Bluetooth Mouse

 某所で購入したLogitech V270 Bluetooth Mouse。


"Logitech V270 Cordless Optical Bluetooth Mouse- Charcoal" (Logitech)

 日本ではBluetooth規格自体があまり普及していないので、Bluetoothマウスも品数が少なく、従って使用感において満足のできるモノが正直なところ、皆無なのですが、MacBookにはせっかくBluetoothが標準で搭載されているのですから、貴重なUSBポートを塞ぐことなく利用できるBluetoothマウスは便利な一品です(有名どころのBluetoothマウスといえば、ジョブズ印のWireless Mighty Mouseなんてのもありますが、あれは左右のクリックを使い分けるのが著しく難しく、かつ左右の感圧センターを間違って作動させてしまうことが極めて多いので、ワタシにはとても使いこなせません。かつてのMacintoshを貫くシンプル感が損なわれているようでちょい残念)。
 ということで、現物を見つけてしまったので、即座に購入。以下ダラダラと感想を述べます。

Continue reading

Codeless

 某社のコードレスマウスを購入。今のところ、使用感はなかなかよい。単三電池2本が必要になるので、定期的にコストが発生してしまう(充電池でも買ってくるか)のがいただけないけれど、コードが不要になることで、操作感はちょっとアップしたような気がしないでもないです。コード付きマウスを使用していたときに比べても引っかかりとかは発生していないし(昔のコードレスは、通信に問題があったのか、ときどきマウスカーソルの動きが止まることがあった…)、持ち歩きを想定しているためかちょっと小さめのマウスなので、グリップ感もワタシ好み。電波の受信機をUSBに刺さないといけないので、USBハブの差し込み口をひとつ占領されてしまうのが気にくわないけれど、まあ、仕方がないか。
 新しく買ったノートPCにはBluetoothが搭載されていたので、Bluetoothなマウスを探していたのですけど、MSのもLogitechのも、結構なお値段がしますねえ(MSでも1万円、Logitechに至っては29,800円! マウスの値段じゃないです…)。毎年のように普及すると言われつつも、今ひとつ国内でブレイクしないのは、量産効果がないために価格が高止まるという鶏と卵のような状態になっているせいなのだろう。どこかが赤字覚悟で価格を下げないと、永遠に普及しないままで終わってしまいそう。やっぱり東芝が身銭切らないと…