apple

MacBook Pro Retina ファーストインプレッション

MacBook Pro

 あー、はい、買ってしまいました。
 もともとApple Online Storeで予約してたんですが4週間かかるとか意味不明の表示がでたので、銀座のApple Storeに突撃したら在庫があるんだとかいうんで即決。散財。
 これでiPhone、iPad、MacのすべてがRetinaディスプレイになって宅内フルRetina化計画完了、と(あとiTVが来たらテレビもRetina化するのかしら)。

 例によって例のごとく適当に思ったことをあれこれ。ちなみに購入したのはローエンドモデルを英語キーボード化したもの。

  1. やっぱりRetinaディスプレイはすばらしい
  2.  iPhone 4Sの326dpiと比べるとMacBook Proは220dpi。Retinaと言っても少し劣るんじゃないかと思ってました。でもそんなことはなく、アイコンや文字は実に精細に表示されてくれます(液晶パネルにギリギリまで近づいて目を凝らすと、もしかするとiPhoneよりは若干粗いかな、という気がしなくもないようなするような、という程度。一般的な距離感で見ているぶんにはまったく気になりませんな)。
     標準では、2880*1800を仮想的に1440*900と取り扱って表示してくれます。仮想的に1920*1200とかにスケーリングも可能ですが、いまのところ必要性を感じるほどではないです(Safariとかなら、普通にフォントサイズを調整すれば綺麗にスケーリングしてくれますものね)。
     文字表示も綺麗ですが、Mission Controlとかでウィンドウを縮小したときや、画像やpdfをサムネイル表示したときにも、Retinaの綺麗さは発揮されます。サムネイル状態のままでもかなりの内容を読み取れたり。自炊書籍なんかも、よりすっきりと表示されるようになりました。

     なお、Retina非対応アプリケーションは悲惨なことになります。時間が解決してくれるとは思いますが、ReederとKindle対応はよ。Safariで表示される画像なんかも、縦横2倍に引き延ばされた状態になるので、かなり残念になる場合もありますが、こちらはまあ我慢できる範囲。

  3. スクロールとかは爆速ではない
  4.  Kelper積んでますが、だからといって画面表示が爆速というわけではありません。ときどき、思い出したようにSafariのスクロールで引っかかりを感じるときがあります、ときどきですが。2880*1800を引っかかりなく処理するのはさすがにGeForce GT 650Mでも荷が重いのか。
     Apertureとかで画像を見る分には、遅いとかそういうことはないので、2880*1800を1440*900に変換するところでの課題かも。

  5. キーボードは浅い
  6.  キーボードの打鍵感は浅めで、正直好みではありません。完全に好みの問題ですが。ワタシは打鍵が強めなので、指先に反発を感じてしまうのです。厚さ18mmの筐体であれだけバッテリを積めば、キーボードに割ける容積は少なくなりますので仕方ないのはよくわかりますが。
     まあ、総じてApple製品のキーボードに多くを求めるのは無理なのが正直なところ。デザイン優先で打鍵感とかは後回しにされている気がします。

  7. 発熱は今のところ気にならず、でもって意外と静か
  8.  これだけパワフルなマシンですので、発熱だけが心配ですが、とりあえず数日利用した感じでは熱いとかそういうことはなさそう。ツインファンが効いているのかどうか。まあ、日本の夏でどうなるかはわかりませんが。
     前任のMacBook Airがよく発熱でえらいことになっていたので、まあそれに比べれば、という感じ。

     上記のとおりツインファン搭載ですが、ファン音がうるさいということはなさそうです。MacBook Airで負荷を掛けると結構な爆音になってましたが、それもなさそう。

  9. MagSafeは前のほうがいい
  10.  電源のMagSafeは、またまた形状が変更になり、初期型のT字型(筐体に垂直に刺さるタイプ)に逆戻りしてしまいました。前のタイプ(筐体に水平に寄り添うタイプ)のほうが絶対にスマートだったのに、なんで戻してしまったんだろ?
     こればかりは解せないところ。

  11. それでこの値段
  12.  5年前のAppleなら初代MBA並に40万円ぐらい吹っ掛けてもおかしくなさそうなスペックですが、ローエンドで18万円台というのは、円高が進んだのかAppleが学習したのか。正直、この値段で出されると他のメーカーは難しいよなあ。

 というわけで、Appleの初物に手を出したにしては、まあ意外なほどにトラブルにはなっていません。ひさびさによい買い物をしました。

Appleとワタシ

 小学生の読書感想文みたいなタイトルで恐縮ですが。

 はじめてAppleのプロダクトを見たのは、大学一年生のときだった。当時のApple CEOはスピンドラー(だったと思う)。三台並んだPower Macintosh 6100/60(その名も安直に左からLeft Macintosh、Center Macintosh、Right Macintosh。Left Macintoshがファイルサーバとしての機能も有していた)。漢字Talk7.5。今は亡きAldus社のPageMaker5であれこれDTPなんかをやっていたのを思い出す。

 当時のMac OSの品質というのは、いわゆる信者にもさんざん揶揄されるほどで、肝心なときに爆弾マークを出したり、Laser Writerが肝心なときに動かなくなったり(印刷時には印刷がうまくいくようにお祈りをしたり)。そのころのワタシにとって、Macってのは、仕方なく使うDTP専用機だった。使いやすいことは使いやすいけれど、爆弾マークだらけで、到底実用品ではないな、というのが正直なところ。DTPに流す原稿は、ようやく廃れつつあったワープロ専用機か、自宅のWindows上のテキストエディタで作るのが当然だった。OSの内部構造が隠蔽されているのも気にくわなかった。

 次にAppleのプロダクトを買ったのは、2002年だか2003年だかにiBookを買ったときだったか。OS X 10.2。まだ9.2.2も同梱されていたような気がする。AppleのCEOは、Steve Jobsに変わっていた(今確認したらこんなエントリがあった)。
 あの忌まわしき爆弾マークはなくなっていたが、当時のOS Xは、実用品とは言い難かった。Power PCは、当時のPentiumシリーズに比べて明らかに処理能力に劣り、アプリケーションは、見た目はともかくとして実用的なものはなく、プラットフォームとしてはもしかするとなくなっていくのではないかという予感があった。そのiBookは程なく手放した。

 ようやくマトモになって再度購入したのは、10.4の頃くらいからかと思う。別にAppleのプロダクトは特段好きでもなかったのだけど、なぜかいつくらいからか、Macを使うようになっていた。Switchした理由は、今でもよく覚えていない。たぶん、ワタシのことだから、フォントのエイリアスが綺麗とか、そんな理由だったのだろう。

 気付いたら、かれこれ六台くらいのMacと四台くらいのiPodを買い、いまMacBook Airの傍らにはiPad 2があり、ついこないだiPhone 4Sの予約もしてきた。誰に指図されることもなく、特別な意図も無く、いつのまにか、身の回りはAppleのプロダクトだらけになっていた。何故なのかは、よくわからない。作られるもの、売られるものがことごとく良いものだったからと考えるしかない。

 優れたプロダクトとエコシステムを作り上げ、System7のトラウマがあるにもかかわらず、ワタシを気付かないうちにApple中毒に仕立て上げてしまったSteve Jobs。彼のすばらしさについては、この数日余り、さんざん読み聞きしてきたので、今更ワタシが付け加えることも無い。余人を持って代えがたいという言葉は、こういうときに使うのだろう。非常に多くのことを構想し、それを成し遂げてきたSteve Jobs、いまは安らかに眠れとしか言葉が無い。

MacBook Airインプレッション

 Sandy BridgeなMacBook Proが目前だというのに買ってしまった。後悔はしていない。

 ワタシの日常スタイルからすると、たぶん、そんなに持ち歩くことはないと思ってはいるので、素直に考えればSandy Bridgeを待ったほうがよかったのですが、なんというか、モノとしての質感というか、極限まで不要なモノを削ぎ落とした感がたまりません。たぶん、これ以上薄くすると、もう、ノートコンピュータではありませんね。

 購入したのは13.3インチ上位モデルをBTOでCPU/Memory増し。どうあがいても後付けで増設できないので、とにかく最強スペックでいくしかありません。

 3か月前の機種なので、とうにあちこちでレビューはされているものと思いますが、やっぱりSSDが爆速なのがすばらしいです。CPUパワーは、前に持っていたMacBook(今日ドナドナされていきました)より300MHzほど落ちているはずなのだけど、アプリケーションの動作は圧倒的にこちらが上。とくにOffice2011の起動が Windows版とあまり変わらないスピードなのが驚きです(まえは平気で20秒ぐらい待たされていたような気が。まあ、それだけOfficeのディスクアクセスが激しすぎるだけなのだろうけど)。
 CPUをぶん回すような使い方は、もともとしていなかったので、これでいいのかもしれません。

 あと、液晶の解像度が13.3インチなのに1440×900というのがいいですね。ドット数は、1280*800の1.26倍だけですが、それだけ高精細になるわけで、ちいさい文字とかでもくっきりしています。

 薄さのせいか、キーボードのタッチは、ちょっと奥行きが浅いような気がしますが、まあ許容範囲でしょうか。サイズ的には問題ないと思います(13.3インチですから当たり前ですが)。ワタシの打鍵スタイルは、かなり強めにたたきつける感じですが、ヘタることはありません。この剛性は想定外。

 気になるのは爆速SSDの書き込み耐久性ですが、まあ、数年は保ってくれればOKというふうに思うしかありません。とりあえず、デカいデータは外に逃がすことにしました。

 ちょっと想定外なのが、Boot CampでWindows XPがインストールできないところ(Windows 7しかサポートされてません)。これは参りましたが、とりあえず、当面はParallelsにインストールしたWindows XPで凌ぐことにしましょう。EU3とか、マトモに動くのかちょっと不安。

iPhoneにロックインされたものかどうか

iPhone SDK 4.0が登場したはいいのですが、例によって例のごとく、Appleから尊師のお言葉(訳:例のアレな態度)を賜っております。在家信者としてはどうしてもひとこと言わざるを得ず。

 以下は、iPhone SDKの一部分。今回4.0の登場にともなって追加されたようです(全文が見たかったのだけど、ワタシには見つけられず)。

3.3.1 — Applications may only use Documented APIs in the manner prescribed by Apple and must not use or call any private APIs. Applications must be originally written in Objective-C, C, C++, or JavaScript as executed by the iPhone OS WebKit engine, and only code written in C, C++, and Objective-C may compile and directly link against the Documented APIs (e.g., Applications that link to Documented APIs through an intermediary translation or compatibility layer or tool are prohibited).
(抄訳)アプリケーションは、あらかじめAppleが指定したAPIだけを使わなくてはならず、プライベートAPIは使えない。アプリケーションは、Objective-C,C,C++か、WebKit上のJavascriptのいずれかで記述される必要があり、Objective-C,C,C++のコードはAppleが指定したAPIと「直接」リンクしなければならない(つまり、中間層やツールを経由したAPIとのリンクは禁止)。

 要するにミドルウェア層の排除を謳っているわけで、事実上Xcode直書き以外使うな、と言っているような状態になっています。
 端的にはAdobe CS5での「Packager for iPhone」機能潰しな訳ですが、たとえばUnity iPhoneのようなゲーム向けミドルウェアも該当するんじゃないかと思います。Unityにしても、突然のことで、せっかくよかれと思って行った投資がパアですね。Adobeはまあ、ある程度予想していたかもしれませんが。
 こういうことが続くと、どうしてもプラットフォームというものに対する投資は、ちょっと抑制的にならざるを得なくなるので、中長期的にはiPhoneのエコシステムの拡大抑制というものに繋がっていくように思います。チャイナリスクみたいなもんでね。

 Microsoft Windowsがシェアを伸ばして、その一方でMac OSが危機的な状況に陥っていったのは、90年代後半で、まだ15年と経過していないわけですが、もしかするとその再演がなされるのではないかという、かすかな危惧を抱いていたりするのです。あの失敗からJobsが学んでいればいいのですが、どうやら微妙な感じがしてきたので、やっぱりXperia買おうかなあ(いちユーザだって、やっぱりそのプラットフォームに賭けることには違いないので)。

It’s only rock and roll

速報:アップル 「It’s only rock and roll」 イベント (japanese.engadget.com)

 てことで例年恒例の新型iPod発表イベント。速報をみても、正直タイトルの意味はよくわかりませんでした。

 iPod nanoのカメラですが、静止画はとれず動画のみということなので、あからさまにFlip対抗ですなあ。事実上、Flipに代表される超小型ビデオカメラの市場が崩壊したといっていいんじゃなかろうか。打撃力がでかすぎる。各メーカーは、HD化とか、超低価格化とかそういうのがないと、nanoに勝てないんじゃないかと思います。
 さらりとFMラジオとか万歩計とかも含まれているので(もはやスイスアーミーナイフ状態)、ソニーとかタニタとかにとっても脅威ではあります。

 Apple Storeによると、32GBと64GBのiPod touchは関係当局の認可申請中ですということで、日本国内ではもう数週間たたないと発売されないようなので、週末あたり、旧型touchの投げ売りが秋葉原あたりでは行われるんじゃなかろうかと密かな期待。ワタシがいま現用しているのが、2年前の初代iPod classicなので、そろそろ替え時といえば替え時(バッテリもちょっと弱体化してきたような気もするし)。

Snow Leopard インストールしてみた

 佐川君が昨日持ってきてくれないので、今日になってインストール。
 アップグレードインストールは、何が起きるかちょっとばかり不安なので、バックアップをとってから、まっさらからインストール。おかげでこの時間になってしまった。

 とりあえず、全般的な見た目は、ほとんど10.5と違いが見あたらない感じ。ただ、動作が若干きびきびとしているのは嬉しい(2.4GHz MacBook 13inch)。まだ、基本的なアプリしかインストールしていないので、これから諸々確認していくつもり。

Apple9月定例会

Apple’s annual music media event rumored for early September (appleinsider.com)

 Apple恒例の9月イベントの季節がそろそろです。今年の想定成果物は、

  • 新型iPod touch/nano
  • iTunes 9
  • “Cocktail” Album
  • Apple StoreでのOn-Demand Video
  • タブレットMac(iTablet/iPlate?)
  • Snow Leopard(Music Media Eventだから発表はしないかも)
  • Job引退

 こんなところっすかね。ただ、iPodについてはこれまでリークが見当たらないのがなあ。Zune HDの息の根を止めるべく、Apple御得意の秘密主義で想像を絶するデバイスを開発しているのだろうということにしておきましょう。

WWDC2009 / iPhone 3GS

 さすがにトシなのか、午前2時からMacの前に正座してlive coverageを追いかけるようなことはしなくなりました。でも、翌朝、いつもより早く目が覚めたのはなんででしょうか。

 一番の話題はiPhone 3GSですが、直前リークどおりの内容になっておりました。さいきんのAppleの秘密保持体制は、往時ほどではないようです。
 とりあえず順当なアップグレードだと思いますが、例によって国内取り扱いキャリアは、例のアレなところなので、残念ながら見送りが濃厚です。誠に残念であります。…BlackBerry Bold買おうかなあ。あっちのほうがまだ、電車の中で片手で操作するには向いているんだよなあ。

 それよりも驚いたのが、Unibody MacBookをMacBook Proにしてしまったところでしょうか。Proの名称を、こんなボリュームゾーンの商品につけてしまったのは意外です。
 内容的にも、何のためかよくわかんないけどSDスロットが付いたりFireWire 800が復活したり。Appleが一度葬ったレガシーインターフェイスを復活させるなんて、これまであったでしょうか(いや有り難いんですけどね)。あと、MacBook Pro 15インチ最下位モデルが20万円未満と、かなり競争力のある価格に落ちてきているので、先週自転車買ってなかったらこっちをBuynowしていたかもしれません。

iPhone OS 3.0

新型iPhoneは今夏発表 iPhone OS 3.0はコピペ、プッシュ通知、Spotlightなどサポート (itmedia.co.jp)

 とりあえず今までさんざん「足りない」と言われたところを全部補強してきたようです。ようやくPush Notificationも搭載されるようだしな。しかし、Copy&Pasteを搭載するだけでこれだけ騒がれる携帯電話というのもなかなかおもしろい。
 あとは、夏に登場するというハナシ新型iPhone(Apple公式は何も語っていないけれど、たぶんハードウェアも改良してくるでしょう)が、docomoからなのかSoftbankからなのか、というのが気になります。次世代もSoftbankから発売になるのが決まっていれば、こんな自暴自棄的なキャンペーンの打ち方をしないように思うんだが… 販売台数次第ではSBとAppleの契約が終了するような条件になっているんじゃないかと推測してみたり。