ana

マイルの価値は

ANAマイレージクラブ モバイルのご案内│ANAマイレージクラブ (ana.co.jp)

 というわけで、ANAがまた小銭稼ぎを始めました。ANAマイレージクラブモバイルプラス。月315円で、Edyマイルの獲得数が倍になるというもの(ほかにもいろいろあるらしいが、とりあえず陸マイラー的にはどうでもよい)。で、どういう状態だとこれに加入して得になるのか、ちょっと考えてみることにしました。

 単純にマイル獲得数が大きくなるのはどちら? ということであれば、100x+315<200xで、3.15マイルを上回って獲得したとき、となるのですが(さいしょ、阿呆なことにこれで思考停止してしまった)、当たり前ながら、これでは「315円の支払に見合ったマイルが得られるか」の回答にはなっていません。我ながら(我故に)莫迦ですね。

 加入することにより得られるマイルがどれだけ増えるかというと、x円Edyを使ったときには、2x/200-x/200=x/200マイルを増分として得られることになります。このとき、1マイルの価値をy円(だいたい1.25〜1.5が換算相場のようですが)とすると、(x/200)y円分の価値を315円で得たことになりますので、(x/200)y>315つまりxy>63000のときに、加入する価値があったことになります。仮にy=1.5とすると、月に42000円以上Edyマイルを利用することが通常ならば、加入する価値があることになります(42000円使ったときには、210マイルを315円で買ったことになります)。もちろん1マイルの価値をもっと低く見積もるならば(yの値を小さくするなら)、この分岐点はより高くなることになります。マイルをEdy交換するときは、y=1になるので、月63000円以上Edyを使う気がないとダメですね。さらに、実際には、レジで200円未満の端数がでたときには、マイル付与されず切り捨てられる筈なので、実際の利用額はもっと大きくないとこの値には近づかないことでしょう。

 正直、仕事帰りで疲れた頭にキリンラガーを投入しながら考えているので、正直これが正しい考え方なのか、自信がありませんが、この考え方で行くならば、日常の買い物の相当部分をEdyで処理しないと、マイル単価から考えた還元は得られないんじゃないかということになります。その他の特典(限定コンテンツとか)に魅力を感じないならば、ちょっと考えた方がよさそうです。

 …なんというか、ANAもうまいこと考えたものですね。「315円でマイルが倍に!」と言われたら、あっさり食いついてしまいそうです。とにかく、機内サービスの簡素化からはじまって、コツコツ小銭を貯めていくことしか当面考えていないんじゃないかという気がします。315円なら、マニアファンは、あっさり加入してくれそうですし、なんとなく(あくまでなんとなく)お得感もありますし。

 あれこれ考えてはみたものの、マイル口座に蓄積されるマイルを最大化することに歓喜を覚えるワタシは、即加入の予定なのですが…

第1回ANAマイレージクラブ検定 二次試験

第1回ANAマイレージクラブ検定試験2次試験 解答速報 (anasuperflyers.choco-moco.net)

 あ、受けるの忘れてた。

 …でも全くわからんぞ、これ。さすが二次試験。回答には、卓越した検索能力と豊富な修行経験が必要とされたことでしょう。沖縄離島特例マイルにプラチナ加算、ハイ&ローシーズンによる所用マイルの変化とか、たぶんカウンターのおねえさんも即答不可能じゃないか。

 これをマイルチャート以外を見ずに回答できたひとがいたらぜひとも修行の極意をうかがいたいもの。

第1回ANAマイレージクラブ検定試験 一次試験

ANA MILEAGE CLUB TRY OUT 2008「第1回ANAマイレージクラブ 検定試験」開催

 一次試験を受けてきました。解答速報はこちら

 意外と細かいところを問う問題が多かったように思います。すべてにヒント(というか答え)が付いているので、修行僧のみならず一般人でも楽しんで参加できたんじゃないでしょうか(とかいって落ちてたら笑えない)。二次試験はそれなりの難易度になりそうですけれど。

 試験開催が発表されたときに乗っけた予想問題、

「KIX→HND→SGNを飛行した場合の片道通算マイルはいくらか。ただし、国内クラスC、国外クラスY/Bとし、全旅程をANA WebサイトからANAゴールドカード決済により購入したものとする」

 …マイル算出問題にワイドゴールドカード加算を持ってくるあたり嫌がらせすぎるかと思ったら、見事に出題されてて笑った。

ANAマイレージクラブ検定試験

ANA MILEAGE CLUB TRY OUT 2008「第1回ANAマイレージクラブ 検定試験」開催 (ana.co.jp)

 修行僧が集結するんじゃないかと思いますが…

 やっぱり優勝するにはマイレージチャートの暗記とプレミアポイントの暗算程度は必須でしょうか。「KIX→HND→SGNを飛行した場合の片道通算マイルはいくらか。ただし、国内クラスC、国外クラスY/Bとし、全旅程をANA WebサイトからANAゴールドカード決済により購入したものとする」とか。あんまりやりすぎると旅行業務取扱主任者試験になってしまいますが(まったくの余談ですが、いつか旅行業務取扱主任者試験は受けてみたいような気がする)。

 プレゼントはしょぼいです。羽田の整備センターが見学できるのはいいとして、副賞に「ANAマイレージクラブご利用ガイド」って、ご利用方法の表と裏を知り尽くしたのが勝者なんじゃないの?
 ていうか、優勝者にはダイアモンドステータスかスーパーフライヤーズぐらい贈呈しなさいよ。

 まあ、名誉のために闘います。

ANA View Suica

ANAマイレージクラブ – サービス・お手続き方法 (ana.co.jp)

 引用元のタイトルが変ですが、ANA VieW Suicaカードが登場することになりました。といっても所詮VieW TypeII 提携カードだし、しかもポイント交換がAMC→Suicaの一方向というマイラー排除仕様なので、あまり魅力もないわけですが(ANAとしてはやっぱりマイルが莫迦みたい蓄積されるのは負担になるので、適当なところで外部に逃がしたいという意図があるものと思われます)。せめて定期券機能が付いていれば移行も考えるのだけどなあ。クレ板当該スレッドでも既に1000マイル発生器との烙印が押されております。

生涯マイル

 74,317マイル。

 ひさびさにANAのマイル残高を確認したら「生涯マイル」なる項目が増えていた。

ご入会から、現在までのお客様の総飛行マイルです。
※ご搭乗の区間基本マイレージの合計となりますので、実績の積算マイル数とは異なります。

 だそうで。入会したのが確か2000年ぐらいだったから、8年で119,601.62キロメートルほど。赤道一周で40000キロメートルだから、3周ぐらいした計算になるのかな。意外と飛んでいるものだなあ。
 ていうか、ANAでは、過去のマイレージ履歴も全部しっかり保存してるんですね。データ量を考えると5年前の記録なんかは、あっさり破棄しててもよさそうなものだけど。

 この生涯マイル、特典にはいっさい関係ないのですが、こういうのを示されると、何にも用事が無いにもかかわらず飛びたくなってしまうというのもあり、顧客ロイヤリティの向上には役に立つのかもしれません。
 まあ、内部的に優良顧客の選別に使っているのかもしれないけれど。

ANAプレミアムクラス

ANA国内線 – 「スーパーシートプレミアム」から「プレミアムクラス」へ (ana.co.jp)

 今月に入ってANAの話題が3つ目という、ここはANAの広報室かと思いたくなるような状況ですが、まあそれはともかく。

 JALが国内線にファーストクラスを設定して3クラス化したのに対して、ANAは従来のスーパーシートプレミアム(SSP)をアップグレードして2クラス制を維持する方向に向かうことになりました。この両者の施策の違い(特に運賃施策の違い)は、なかなか興味深いです。一般人にはJALの制度(クラス間の移動・変更が行ないやすい→一般人も上位クラスを利用しやすい)のほうが利便性は高いですが、収益・企業イメージ的にはANAの施策(クラス間の移動・変更が行ないにくい→上位客と一般客の峻別が行なわれる)もアリなのかもしれません。
 価格の上げ幅がどれほどになるのか・座席の設定数などは具体的には不明ですが、まあ、SSPよりも乗りづらくなることは確かでしょう。羽田・伊丹ではラウンジも使えるようになるとのことですが、国内線でラウンジなんて、そうそう使うものでもないでしょうから、実質は座席の広さぐらいですかね。個人的には、これまでも時々はSSPを利用することがあったのですが、今後プレミアムクラスを利用するかどうかは、なかなか微妙なところです。

 それにしても、このプレミアムパスなる代物、誰が買うんだ。

ANAスーパーセレクション

ANAマイレージクラブニュース – AMC10周年記念 スーパーセレクション (ana.co.jp)

 またANAのハナシで恐縮なのですが、こんなことをやっております。
 通常のANAセレクションは、10,000マイルを記念品と交換するというものですが、こちらは最低50,000マイル、最高で600,000マイルを記念品と交換する、というもの。600,000マイルでDe Beersのダイヤモンド、200,000マイルでも32型のAQUOSと交換という、富裕層(笑)向けのサービスとなっとります。

 個人で600,000マイルなんて、どうやったら貯められるんだろうか… と考えてみると。
 マイルの有効期限は最長で36か月(最短で25か月)なので、1か月に20,000マイルを目処に飛ばないと無理。ニューヨーク往復ビジネスクラスで8,421マイルx2=16,842マイルなので、毎月ニューヨークに飛ぶような国際派ビジネスマン(笑)ならば、少なくとも16,842*25=421,050マイルを貯めることができます。それ以外にもあちこち飛んだり買い物したりすれば、なんとか600,000マイルに手が届く感じでしょうか。って、こうやって書くといかにも現実的なハナシのようですが、まあ、毎月ニューヨークに飛ぶほどのお方ならば、こんな特典なぞ不要でしょう…

 ちなみにワタクシ、ただいま50,000マイル強あるのですが、うーん、ドンペリ貰ってもなぁ(笑)

ANAマイレージクラブ改訂

ANAマイレージクラブが新しくなります (ana.co.jp)

 だそうで。いちばん大きな点としては、国内線特典航空券が一律15,000マイルから距離・季節別に変更になった点でしょうか(具体的な換算レートは添付pdfに記載済み)。
 特典航空券の使用にあたってもっとも問題となる座席の確保方針がどのようになるかは明らかでない(当たり前だ)ので、これが利用者の利便性向上に資するかどうかはまだ不明ですが、もともと特典航空券なんてのは、ワタシの場合、オフシーズンでないと怖くて使う気にならないので、全般的には必要マイル数の減少となるんじゃないでしょうか(もっとも、オンシーズンでの特典航空券利用がさらに難しくなるような気がしますが)。

 あと、フリークエントフライヤー系のハードルが若干高くなっているようにも見受けられますが、ワタシのように滅多に飛行機に乗らない人間にはあまり関係ないのでパス。

(追記)解説ページができてた。