air

MacBook Airインプレッション

 Sandy BridgeなMacBook Proが目前だというのに買ってしまった。後悔はしていない。

 ワタシの日常スタイルからすると、たぶん、そんなに持ち歩くことはないと思ってはいるので、素直に考えればSandy Bridgeを待ったほうがよかったのですが、なんというか、モノとしての質感というか、極限まで不要なモノを削ぎ落とした感がたまりません。たぶん、これ以上薄くすると、もう、ノートコンピュータではありませんね。

 購入したのは13.3インチ上位モデルをBTOでCPU/Memory増し。どうあがいても後付けで増設できないので、とにかく最強スペックでいくしかありません。

 3か月前の機種なので、とうにあちこちでレビューはされているものと思いますが、やっぱりSSDが爆速なのがすばらしいです。CPUパワーは、前に持っていたMacBook(今日ドナドナされていきました)より300MHzほど落ちているはずなのだけど、アプリケーションの動作は圧倒的にこちらが上。とくにOffice2011の起動が Windows版とあまり変わらないスピードなのが驚きです(まえは平気で20秒ぐらい待たされていたような気が。まあ、それだけOfficeのディスクアクセスが激しすぎるだけなのだろうけど)。
 CPUをぶん回すような使い方は、もともとしていなかったので、これでいいのかもしれません。

 あと、液晶の解像度が13.3インチなのに1440×900というのがいいですね。ドット数は、1280*800の1.26倍だけですが、それだけ高精細になるわけで、ちいさい文字とかでもくっきりしています。

 薄さのせいか、キーボードのタッチは、ちょっと奥行きが浅いような気がしますが、まあ許容範囲でしょうか。サイズ的には問題ないと思います(13.3インチですから当たり前ですが)。ワタシの打鍵スタイルは、かなり強めにたたきつける感じですが、ヘタることはありません。この剛性は想定外。

 気になるのは爆速SSDの書き込み耐久性ですが、まあ、数年は保ってくれればOKというふうに思うしかありません。とりあえず、デカいデータは外に逃がすことにしました。

 ちょっと想定外なのが、Boot CampでWindows XPがインストールできないところ(Windows 7しかサポートされてません)。これは参りましたが、とりあえず、当面はParallelsにインストールしたWindows XPで凌ぐことにしましょう。EU3とか、マトモに動くのかちょっと不安。

機長の権限

 あまりにも更新がないので、Twitterを要約して貼るようにしてみました。たぶん週一回程度。で、たまにはなんか書かなならんだろうということで、こちら。

体調不良のスカイマークCA、社長一声「交代ならぬ」 (asahi.com)

 前なんとかさんのいる国土交通省的な大本営発表はこちら[pdf]。
 読んでておそろしく違和感があったのは、たかだか一便の運行にまで会長やら社長やらが口を挟んでんのかこのカイシャは、というところ。そんな家内制手工業な運行体制なんでしょうか? それだったらそれはそれですごいような(暇なのか? 暇なんだろうな)。しかるべきところにしかるべき権限の委譲がなされていないと、いざ会長やら社長やら不在のときにとんでもないことになりそうなんで、リスクマネジメントの観点からは、早々に改めないと、また似たようなことが起きてしまうんじゃなかろうかと思います。

 ちなみに、機長の権限というのは、けっこう強いもので、たとえば航空法では、

第七十三条  機長(機長に事故があるときは、機長に代わつてその職務を行なうべきものとされている者。以下同じ。)は、当該航空機に乗り組んでその職務を行う者を指揮監督する。
第七十三条の二  機長は、国土交通省令で定めるところにより、航空機が航行に支障がないことその他運航に必要な準備が整つていることを確認した後でなければ、航空機を出発させてはならない

だったり、果てには、

第七十三条の四  機長は、航空機内にある者が、離陸のため当該航空機のすべての乗降口が閉ざされた時から着陸の後降機のためこれらの乗降口のうちいずれかが開かれる時までに、安全阻害行為等をし、又はしようとしていると信ずるに足りる相当な理由があるときは、当該航空機の安全の保持、当該航空機内にあるその者以外の者若しくは財産の保護又は当該航空機内の秩序若しくは規律の維持のために必要な限度で、その者に対し拘束その他安全阻害行為等を抑止するための措置(第五項の規定による命令を除く。)をとり、又はその者を降機させることができる。

とかだったり、まあ要は機内における専制君主な訳で、機長がNoと言えば飛行機は飛ばないわけです。だから、機長の判断というものは相当な程度尊重されるのが普通だったかと記憶しております。

 最終的には機長を交代して飛ばしたわけですが、ローテーションというものだってあるわけでして、よほどやむを得ない事情でもない限り、ふつうはそういうことしないものだと思うんですが、ていうか、ふつう、風邪のCAぐらい休ませてあげなさいよ、考えるものだと思うんですが。
 よほど、このCAを乗務させなきゃならないような特段の事情があったんじゃないかと推察されるんですが(そしてその事情こそが、このインシデントの根本原因の一つなんでしょうが)、何なんでしょうな。謎。

エア焼肉&リアル焼肉

 なにかと年度末が近づくにつれて、どうしようもない仕事が増殖していく今日この頃。本日も≪社外秘≫な仕事が来週から始まると告知されて、げんなり。

エア焼肉 (airyakiniku.cosaji.jp)

 この不況下に庶民の強い味方が登場です… って、さすがに寂しすぎる(笑)

 こんなものをみつけてしまって思わず焼肉食べたいぞと思っていたら、K(T)夫妻と思わず焼肉を食べることになった建国記念の日。こういうのをシンクロニシティというのかね。
 でも美味かったっす>豚ホルモン焼。また行かむ。

BBモバイルポイントで

 だんだんInspiron miniロードテスト状態になってきたこのblogですが。

 せっかくInspiron miniを飼ったので、ためしにBBモバイルポイントから更新してみる。とりあえず速度的には自宅で無線LAN使っているのと大差ないような気がする(うちのネットワークが遅いだけなのかもしれないが)。Google Readerをオンラインで読んでも、さほど気になりません。
 Inspiron miniのバッテリーも、ずっと無線LANをオンにしっぱなしにしているのだけど、意外と粘るので、週末なんかにはこれだけ持ってどこかのアクセスポイントに籠もったりしてもいいかも。

 コーヒーショップの狭いテーブルでノートPCを広げる場合、MacBook Airみたいに、どれだけ薄いノートでも、結局フットプリントが大きいと邪魔になって仕方がないのですけど、これぐらいなら周囲の迷惑にもならずに、コーヒーカップが邪魔にもならずに、気兼ねなく利用できます(ああ小心者)。

 あと、ファンレスなのは意外とポイント高いですな。ファンが付いていると、音がするのはともかくとして、通気口からの廃熱が手元に当たったりして嫌な感じになってしまうので。

 と、いうわけで、DELL製にもかかわらず、意外と満足度が高いInspiron miniなのでした(ハードウェアは、ね)。

MacBook Air

 というわけで、MacBook Airな訳ですが、まあ技術的にはたいしたものだと思う訳なんだけど、使用シーンが思いつかないという訳でして、自宅で使うには拡張性が低すぎる訳だし、持ち運んでバリバリ使うには底面積が広すぎて何かとかさばる訳で… というわけで買わない訳を列挙してみました。

 実際問題としてどうなんだろうなあ。業務用として毎日持ち運ばざるを得ないような(レアな)方には、選択肢はこれ一択なんでしょう。インターフェイスの割り切り(USBx1でFireWireすらないのはどうかと思うが)については、まあ諦めるにしても、液晶のドット数がほぼ半額のMacBookと同一というのは… 1680×1050とまでは言わないまでも1440×900ぐらい積めなかったものか。結局、インターフェイスが減って薄くなったMacBookと変わりませんのでねえ(いや、その薄さ軽さが最も重要だという向きには最善なんでしょうが)。
 あとあれだ、1.8インチHDDがどう影響するか。SSDを買うのはまだまだ少数派だろうし。

 さて、この行き場のない物欲はどこにぶつけようか。

MWSF2008

Macworld | Expo Keynote – Live Update (macworld.com)

 と、いうわけでJobs総帥の2008年基調講演は、

・iPhone/iPod touch Upgrade
・Time Capsule
・Apple TV2
・iTunes Movie Rental
・MacBook Air

 が正解でした。予想全部当たってるし(笑)

 さて、MacBook Airは、さっそくApple Storeで予約可能になっているわけですが、どうしたものか。とりあえずもう午前4時なので、ちょっと寝てから考えます… FireWireが無いのがなあ。

There’s something in the air.

Apple hoists “There’s something in the air” Macworld banners (appleinsider.com)

 まもなくMacworld Expo San Francisco 2008が始まるわけですが、今年のタイトルはこんな感じ。上のリンクによると、着々と準備は進んでいるようです。
 JobsのKeynote(基調講演)は日本時間で16日AM2:00から。今回はAirというのがキーワードになりそうです。愚直に考えると、[a]放送(air)関係の何か新サービス(iTunesの映画レンタルサービスのことか?)か、[b]無線(やっぱりair)関係の新製品か新サービス(でもAirPort関係はExtremeもExpressも改良の余地は少なそうだし)、大技としては[c]MacBook Airとか出るんじゃないのかとかいう噂もあったりしますが。そういえばこんなのもあったよね。
 ちょうどいい(悪い)具合にうちのMacBookもガタがきているので、MacBook Airなんて登場した日には目も当てられません。

 あと、iPhoneの日本展開のハナシはあるんだろうか。