Announcement

謹賀新年2016

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 なんとか昨年は、謹賀新年以外のエントリーをあげることができましたが、今年はどうなるかわかりません。まあ、気負わずにやっていければと。

 昨年はいろいろと追われて一年が過ぎていったので、今年は何かじっくりと取組むような年にしたいものと、毎年思っているようなことを改めて思ったり。

東京電力需給状況Widget v.0.41

 東京電力需給状況Widgetを更新しました。今回は、経済産業省の提供する電力需給逼迫警報への対応ぐらいです。
 一応、警報発令時にはそれなりにウザいメッセージが登場することになりますので、そのつもりでご利用ください。

 東北電力・東京電力管内だけでなくて全国各地で電力供給が逼迫しているという、なかなか厳しい夏を迎えておりますが、無理な節電で体調を崩しても本末転倒ですので、状況を勘案しながら電力を使いましょう(当方も夏バテ中…)。

東京電力需給状況Widget v.0.3

 東京電力需給状況Widgetをバージョンアップしました。
 7月から提供されるようになった、5分間隔の速報値に対応しています(今更か、というのはありますが)。

 しかし、ここのところ、80%を超えることもなかなか無い状態で、それはそれで喜ばしいことなのですけど、このWidgetの存在意義は…
 東電のでんき予報をみると、だいだい昨年比で1000万kWは削減できている感じで、電気使用制限令がかなり効果をあげているというか、よく見たら昨年同日実績だとパンクしているとか、22時前後で急に100万kWぐらい上昇しているとか、いろいろと面白いなー、とは思います。

 しかし、東電自らXMLとかJSONとかで配信しないのはなんでだろう。

(2011/07/20追記)ひとつバグがあったので修正(V.0.31)。デバッグコードが消えてなかったです…

東京電力需給状況 Dashboard Widget

(Update 04/03 22:40)紹介のページを移動。
以下のスクリーンショット等は、過去のバージョンのものになります。

 

 

ありそうで見あたらなかったので、東京電力の電力需給状況を表示するDashboard Widgetを作ってみました。
発表されている最新の使用量・最大供給力を表示するだけの単純なものです。

TEPCO_PS_Screenshot_0.1

データ源としては、東京電力電力供給状況APIを使っています。この場を借りてお礼を申し上げます。このAPIがなければ、そもそもWidgetを作ろうと思い立つこともありませんでした。

この土日でざっと作ったので、バギーなところもあると思います。おかしな点がありましたら、下のコメント欄までどうぞ(東京電力や、上記のAPIとは何の関係もありませんので、そちらに問い合わせないようにしてください)。なお、お返事できないコメントもあるかもしれませんので、ご了承ください。
作成、テストは、MacBook Air(Late 2010) + Mac OS X 10.6.7で行っています。すべてのMac OS Xで動作するかどうかは、テスト環境が無いのでわかりません。

以下、念のため。
このWidgetは現状有姿で提供されるものであり、作者は、このWidgetの誤動作、データの不正確性、データ配信の遅延、その他の事情により、利用者が損害を被った場合であっても、いかなる補償・賠償を行うものではありません。このWidgetの使用は、利用者の責任において行うものとします。また、データ源のデータ提供方法の変更、遅延、廃止、東京電力の需給計画の変更等により、このWidgetが正常なデータを表示しない可能性があるとともに、その場合であっても、作者は、このWidgetを修正・改造等する義務を負わないものとします。
利用者は、上記を了解した場合に限り、このWidgetをダウンロード、使用することができます。

ダウンロードはこちらから。

式年遷宮

 サーバを移転しました。たぶん、みなさまがたには何の違いもないでしょうけど。
 なお、CSSがダサダサなのは仕様です。忘れた頃に微調整が入っているかもしれません。

 一応、右上に最新のTweetをのっけてみるようにしたので、時々みていただけるとありがたいです。あと、Timelineをサイドバーのリンクからたどれるようにしてみたり。

 式年遷宮じゃないが、ときどきこういうことでもしないと、技能を忘れてしまいそうになるので、定期的にシステムの入れ替え作業はしておかないといけないなあとは思った。さすがにmake worldから始めようとは思わないけれど。
 その昔、HTMLを手書きでちまちまと編集していたときには、よもやタグの書き方を忘れてしまうようなことなぞありえないと思っていたけれど、ブログのように、バックグラウンドがブラックボックス化してしまうと、すっかり劣化に磨きがかかってしまっております。

reCAPTCHA

 xreaが安定していないと書いた直後から、サーバの動作が軽快になったような気がするよ。不思議。

reCAPTCHA: Stop Spam, Read Books (recaptcha.net)

 無駄にreCAPTCHAを導入。WordPressだと、プラグインひとつインストールするだけであっさり導入できてしまうので、何も考えるところがありませんでした。
 画像に含まれた文字を読み取って入力させることでspam(機械)なのか人間の入力なのかを判定させるというCAPTCHAですが、一部にはBOTでも突破できてしまうようなモノもあるようですが、まあ、ウチのような最果ての地に寄せられるコメントなんざ、もともと微々たるモノですし、すくなくとも平日昼間は勤労の義務を果たさねばならぬ無産階級なもので、夜中に承認処理する手間が省けるだけでも、まあ妥当なところでしょう。

 というわけで、ひとつお手間が増えますが、よろしければコメントのほど。

favicon

 意味もなくつけてみた。
 何のひねりもないデザインで恐縮であります。

 ほんとうはWordPressのデザインテンプレートを弄ってみようと思っていたんだけど、何も思いつかなくなって気紛れにやってみたというだけなのだが。

 *.ico形式への変換にはここを使いました。

WordPress 2.7

WordPress › Blog » WordPress 2.7 “Coltrane”

 公開から1か月弱が経過して、たぶん問題なかろうということでアップグレードしました。Dashboardのデザインが全面的に改正されていてびっくり。それぞれの機能に割り当てられたアイコン(公式で投票があったやつだ)も、なかなかいい感じに仕上がってます。着実に進化しているWordPressに感謝です。

 ちなみにWP2.7のコードネームである”Coltrane”ってのは(Dictionary.appによると)Jazz saxophonistらしいけれど、なんでこんな名前にしたんだろう(公式をひととおり見てみたけれどよくわからなかった)。


Coltrane, John Coltrane