LARK Alarm Clock試してみた

 朝が弱いもので、目覚まし時計の収集が趣味みたいなものになっている。別に好きでも何でもないのだが、ビジネスパーソン(笑)としては所定の時刻に出社せねばならず、やむを得ないものと割り切っている。
 目覚まし時計といえば、普通はセットした時間に大音量を鳴らすものと相場が決まっているが、慣れてくると音だけではたいして目が覚めないカラダ。なので、毛色の違ったものを試してみることにした。

LARK | Silent Alarm Clock | Personal Sleep Coach

Silent Alarm Clockという謎の表現が。

IMG_0082

目覚まし時計としての本体は3センチ平方のこいつだけ。え? という感じだけど、こいつを

IMG_0084

 こういうバンドに装着して、

IMG_0085

 腕に装着します(汚い腕ですいません)。

 これだけだと何のことだかわかりませんが、ここからがこの目覚まし時計(時計としての機能すら存在しないけど)の変わったところ。

IMG_0089

 そう、iPhoneです。iPhoneとBluetoothでリンクするので、起床時刻はiPhone側で設定します(専用の無料アプリがApp Storeに転がっています)。なので、iPhoneがないと(iPod touchでもいいけど)まったく意味ありません。
 設定した時刻になると、この3センチ平方の物体が音を鳴らすこともなく、ケータイのバイブレータのように、激しく振動をはじめるので、それで気がつくという寸法。

 これを装着するようになって2週間程度になりますが、いまのところ、寝過ごしたりとかそういうのは、ありません。従来型の目覚まし時計も併用しているというのもあるけれど。

 ちなみに、Apple Online Storeでも購入可能みたいです(ワタシは、銀座のApple Storeで購入しました)。1万円弱と、必ずしも安くはないけれど、朝が弱い方はぜひ。